モノクロレーザービームプリンターLBP6700特長

LBP6700 オフィスの帳票業務や、窓口での発行業務に。生産性と機能性を追求したハイスピードA4プリンター。

高速/高画質

片面40枚/分、両面20ページ/分の高速出力

業務の大量出力に適した、高速パフォーマンス

新開発エンジンを搭載し、A4モデルでありながらオフィスのセンターマシンにも匹敵する高速パフォーマンスを実現。帳票業務や大量出力のニーズに応える片面40枚/分、両面20ページ/分のスピーディーな出力で、オフィスの生産性を高めます。

クイックウェイクアップ

ファーストプリントは最短で7.5秒

定着器を瞬時に加熱する「オンデマンド定着方式」を採用し、クイックウェイクアップを実現。プリンターが素早く立ち上がり、スピーディーに出力を開始します。ファーストプリントは最短で7.5秒を実現し、いますぐにでも欲しい急な出力にもスピーディーに対応。エコロジーに配慮した省電力設計でありながら、ビジネスの効率アップにも貢献する快適なプリンティング環境を提供します。

ユーザビリティー

両手を使わずに、簡単メンテナンス

トナー交換を容易にする新設計

LBP6700はユーザビリティー向上を追求し、両手を使わずにトナーカートリッジを交換可能なので日常的なメンテナンスが、より簡単に、よりスムーズに行えます。

使いやすい給紙カセット

心地よい操作感を追求

給紙カセットを閉める際に、クローズ位置まで心地よく引き込まれる新設計を採用。オフィスの身近なパートナーとして、使いやすい操作感を追求しました。

ワイドLCDパネル

液晶表示で、プリンターの状態がすぐわかる

大きな液晶で表示が見やすい「ワイドLCDパネル」を搭載。最大5行の文字を表示できるほか、アニメーションでプリンターの印刷状況を確認することができます。

小サイズくぼみ

サイズの小さな用紙も、取りやすく

A6やハガキなど、サイズの小さな用紙でも取りやすいように排紙トレイに「くぼみ」を採用。細かなところまで使いやすさにこだわりました。

用紙満載検知

排紙状況を知らせ、ダウンタイムを軽減

排紙トレイが一杯になったことを通知する「用紙満載検知」を搭載。大量出力時などに起こりがちなダウンタイムを軽減でき、出力業務の遅延抑止に貢献します。

用紙対応力

最大3段/1,600枚給紙

業務出力ニーズに応える大量給紙

500枚ユニバーサルカセットと100枚給紙トレイにより、標準で600枚の給紙が可能です。さらに、オプションカセットの増設により、最大3段の多段給紙と1,600枚の大量給紙を実現。帳票業務など大量の出力ニーズに応えます。

A6対応カセット

小さなサイズの用紙も連続給紙が可能

標準/オプションカセットともA4からA6までの定形サイズに対応しています。さらに、非定形サイズの用紙を給紙できるユニバーサルカセットを採用し、幅105.0~215.9mm、長さ148.0~355.6mmまで1mm単位で自由にサイズ設定が可能です。

2Way排紙

厚紙やラベル用紙へのプリントも可能

上面/背面からの2Way排紙に対応。厚紙やラベル用紙などでも、背面からのストレート排紙により、きれいにプリント可能です。

環境対応

TEC値1.82kWhを実現

省エネルギー&コスト削減に貢献

企業が取り組む環境対策に貢献するために、LBP6700ではビジネスプリンターのさらなる省電力化を追求。キヤノン独自のオンデマンド定着方式はもちろん、先進の環境テクノロジーを結集し、電力消費を削減しました。その結果、1週間プリンターを使用した場合の標準的な消費電力量を示す「TEC値」で1.82kWhという低数値を達成。ハイパフォーマンスを実現しながらも、TEC値の低減化に成功しました。

  • 概念的1週間にプリンターを使用した場合の消費電力量を想定した環境基準値。

ディープスリープモード

待機時の消費電力を大幅削減

ビジネスプリンターの省エネルギー化をサポートする「ディープスリープモード」を搭載。待機時約1.3Wを実現し、余分な電力消費を抑えることができます。また、急なプリントにはオンデマンド定着方式のメリットを最大限に活かしてスピーディーに出力をスタートするので、業務もスムーズにこなしながら電力消費を徹底的に削減できます。

OS・ネットワーク

100Base-TX/10Base-T標準装備

オプション不要で、ネットワーク接続が可能

100Base-TX/10Base-Tを標準装備し、すぐにネットワークで共有可能です。さらに、高速データ転送が可能なUSB2.0インターフェースも標準装備です。

多彩なOS環境に対応

Windowsをはじめ、Mac OS、Linux、XenAPPなど多様なOSに対応。特定の業種や業務においてデファクトスタンダードとなっているOSをカバーすることで、幅広い業務をサポートします。また、OSが混在した環境でも誰もが快適に利用することができます。

  • XenAPPは旧称:Citrix Presentation Sever/MetaFrameです。

LIPS V搭載

プリンティング資産の継承活用が可能

キヤノン独自のページ記述言語LIPSの最新版「LIPS V」を搭載。これまで採用されてきたLIPSとの互換性を保つため、従来からの情報資産を継承・活用が可能です。セントロニクス、エミュレーション、各種フォントを搭載し、専用の端末システムや多様なOSからの出力にも対応します。また、LXモード時にはロードバランシング機能により、飛躍的なデータ処理向上を実現しました。

マルチエミュレーション

ESC/Pを標準サポート

ESC/Pを標準サポートするほか、オプションのコントロールROM「CR-MEV」により、ホスト系端末プリンターとしても活躍します。IBM5577、HP-GL、HP-GL/2、PC-PR201/80A対応のマルチエミュレーション仕様で、各種エミュレーションモードにも自動で切り替わります。描画コマンドのエミュレーションが可能で、ペンプロッタやプロッタ出力のプレ印刷やファイリング用出力などにLBP6700の高画質が活かせます。さらに、JAN、CODE39、NW-7、郵便番号カスタマバーコード、GS1-128、OCR-Bフォントにも対応し、ユーザーの開発したアプリケーションとリンクして、バーコード印刷が手軽にできます。

統合的ネットワークOAインターフェース「BMLinkS」に対応

BMLinkS

メーカーや機器によって接続の仕様が異なるプリンターやコピー、ファクスなどの共通利用を目的に開発された、新しい統合的なネットワークOAインターフェース「BMLinkS」に対応。「いつでも、どこでも、どんなメーカー機器とでも簡単につながる」、「ユーザーが必要とする機能を持つOA機器が世界中から瞬時に見つかる」、「PCを介さずに、どのOA機器からでも共通したサービスが手に入る」などさまざまなメリットをもたらします。たとえば、所有のノートパソコンと出張先のプリンターが「BMLinkS」対応なら、プリンタードライバーをインストールすることなく任意接続でき、プリントアウトが可能です。

  • BMLinkSの詳細は「BMLinkSホームページ」をご確認ください。

ネットアイ標準装備

プリンターの状態を、オンラインで遠隔監視

ネットアイは、インターネットを利用してプリンターの状態を自動検知する遠隔監視システムです。エラーや紙づまり、トナー残量などの情報を監視センターへ自動通報することで、管理業務の効率化をサポート。万一のトラブルの際にも、事前にトラブル箇所や内容が把握できるため、カスタマーエンジニアによる迅速で的確な対応を可能にします。

  • 別途CCGの契約が必要です。

ソリューション

MEAP-Lite

オフィスが真に望むプリンターのカスタマイズを実現

MEPA Lite

オープンプラットホーム「MEAP-Lite」によるプリンターのカスタマイズをはじめ、「Reporting」による各種帳票の電子化。そして、ネットワーク社会から 企業資産を守る多彩な「セキュリティー」で、市場競争力の高い企業づくりをサポート。さらに、きめ細かな「ログ管理」、「TCO削減ソリューション」により、システム運用の安全・快適性と効率化をも実現します。多様化するオフィスニーズへの柔軟な対応。それが「サテラ」プリンティングソリューションです。

このページのトップへ