レーザービームプリンタープリンタードライバー概要

さまざまなOSに対応

Windows用プリンタードライバー

プリンタードライバーに充実の印刷機能を搭載。印字品質/拡大・縮小の設定や、「製本印刷」や「Nページ印刷」など用途にあわせた出力が行えます。さらに、「編集+プレビュー」機能では、異なるアプリケーションで作成したファイルを、一度にまとめて出力可能です。

Mac OS用プリンタードライバー

専用ドライバーの無償ダウンロードが可能。

SateraホームページからMac OS用プリンタードライバーを無償で提供しています。Mac OSでも、「LIPS」ならではの優れたプリント機能を活用することができます。

Linux用プリンタードライバー

メーカー純正ドライバーをサポート。

キヤノンではプリンターメーカーとしてLinux用ドライバーを提供しています。また、医療現場に不可欠なORCA(日医標準レセプトシステム)の推奨も受けています。

XenAPP・XenDesktop環境でのプリント

仮想化環境におけるプリントをサポート。

キヤノンではCitrix社のアプリケーション仮想化製品である「Citrix XenAPP」や、デスクトップ仮想製品である「Citrix XenDesktop」環境で、LIPS LXおよびLIPS IVドライバーでの動作確認を行っており、Citrix社が提供する仮想化技術環境におけるプリントをサポートしています。

管理者の負担を軽減する、2つの機器共通プリンタードライバー。

「Generic Plus LIPS4 Printer Driver」、「Canon GLX Printer Driver」は、サテラ/imageRUNNER ADVANCEを老朽化などで入れ替える場合でも、引き続きドライバーを使用できます※1。そのため、新たにドライバーをインストールする手間がありません。

図:2つの機器共通プリンタードライバー
図:ネットワーク上に存在するサテラでもimageRUNNER ADVANCEでも印刷可能

さらに、ネットワーク上に存在するサテラでもimageRUNNER ADVANCEでも印刷できます※2。複数の機種を使用している場合でも、1種類のドライバーで管理・運用ができて便利です。

  • ※1 機種が変わった場合、「Generic Plus LIPS4」、「GLX」ともにデバイス情報の取得を行う必要があります。
  • ※2 Anyplace Printで使用の場合、「Generic Plus LIPS4」は、構成プロファイルの選択で『Anyplace Print』を選びます。

「Generic Plus LIPS4 Printer Driver」

LIPS4の機器共通ドライバーです。imageRUNNER ADVANCE固有のフィニッシング機能や、サテラ固有の機能も使用可能です。ドライバー導入時に自動で機器の構成を取得するので特別な設定は必要ありません。

  • 対象機種:LBP9950Ci/9900Ci/843Ci/712Ci/8900/443i/442/441/441e/352i/351i/312i

Generic Plus LIPS4 Printer Driver ダウンロードページへ


  • 6月初旬公開を予定しております。

「Canon GLX Printer Driver」

LIPS LXの機器共通ドライバーです。サテラとimageRUNNER ADVANCEとで共通する機能が使用できます。

GLX Printer Driver ダウンロードページへ

統合的ネットワークOAインターフェース「BMLinkS」に対応

メーカーや機器によって接続の仕様が異なるプリンターやコピー、ファクスなどの共通利用を目的に開発された、新しい統合的なネットワークOAインターフェース「BMLinkS」に対応。「いつでも、どこでも、どんなメーカー機器とでも簡単につながる」、「ユーザーが必要とする機能を持つOA機器が世界中から瞬時に見つかる」、「PCを介さずに、どのOA機器からでも共通したサービスが手に入る」などさまざまなメリットをもたらします。たとえば、所有のノートパソコンと出張先のプリンターが「BMLinkS」対応なら、プリンタードライバーをインストールすることなく任意接続でき、プリントアウトが可能です。

このページのトップへ