導入企業の活用事例レポート 不動産仲介 File.1「クラッシー・ホームズ」 価格.com PR企画に掲載されました。

お客さまの満足度が向上!「Satera MF6780dw」が機動力を生んだ

A4 モノクロレーザー複合機 Satera MF6780dw モノクロ

東京・浜松町と御茶の水の2か所に店舗を構える不動産仲介のクラッシー・ホームズは、「地道かつ真面目な営業」をモットーに、お客の信頼を勝ち得てきた企業だ。御茶ノ水店では最近、キヤノンの最新A4モノクロレーザー複合機「Satera MF6780dw」を導入。カウンターのすぐ背後に設置できる省スペース性と、高速なプリント性能がお客の満足度向上につながっているという。

企業情報

株式会社クラッシー・ホームズ 【浜松町本店、御茶ノ水店】

不動産仲介のクラッシー・ホームズは、永井和宏社長が2009年に東京・浜松町で創業した。約10名のスタッフ全員が「地道かつ真面目な営業」を心がけており、"お客さま本位"の物件提案が好評。創業から約2年という早さで、御茶の水に2店舗目を開設する。得意とするエリアは、東京都の港区・中央区・品川区・大田区・江東区・墨田区・文京区。

不動産仲介業はファクスが生命線

クラッシー・ホームズ御茶ノ水店
不動産仲介のクラッシー・ホームズ御茶ノ水店は、ドキュメント業務の要となる複合機にキヤノンの最新A4モノクロレーザー複合機「Satera MF6780dw」を選択した
新しい住居に引っ越そうとするときには、誰もが大きな期待を感じるものだ。だが、住居選びはその後の生活を大きく左右するだけあって、常に不安がつきまとう。そんなお客に親身になって寄り添い、希望に合致する物件をよりよく選んでもらいたい――。クラッシー・ホームズは、こうした考えから2009に誕生した。 「目指すのは、地域一番店。私たちがエリアを絞って営業しているのは、各エリアの特性をくわしく知り、常に最適な物件をご紹介できる不動産屋でありたいと考えているからです。地道かつ真面目な営業。これを心がけてきました」(永井宏和社長) このようなお客さま本位のスタイルが支持され、創業3年目の今年、2店舗目となる御茶ノ水店を開店した。そして、この御茶ノ水店の現場で欠かせない存在となっているのが、キヤノンのA4モノクロレーザー複合機「Satera MF6780dw」である。 クラッシー・ホームズをはじめとする不動産仲介の仕事は、毎朝、さまざまな管理会社が取り扱っている物件情報をファクスで大量に取り寄せるところから始まる。最近では、インターネット上の賃貸情報サイトにも多くの物件が紹介されるようになったが、これらの情報は一部にすぎない。今でも不動産屋の店頭に出向いたほうが多くの物件情報が手に入るのは、多くの管理会社から常に最新の情報を入手しているからだ。クラッシー・ホームズでは、毎朝60社にもおよぶ不動産管理会社から100件以上の物件情報を取り寄せているという。そのため、ファクス複合機である「MF6780dw」が開店前からフル稼働しているのだ。
なお、こうしたファクスドキュメントの中には、B4サイズのものもある。これらをひとまわり小さいA4サイズで受信すると、文字がつぶれ、読めなくなってしまうこともしばしばあったが、この問題も「MF6780dw」を導入してからは解消されたという。
「プリント品質も思っていた以上にしっかりしていますね。B4サイズの原稿をA4受信しても、しっかりと文字を確認できます。これまでは、電話でファクスの再送をお願いするということがたびたびありましたが、今ではそれもほとんどなくなりました」(永井社長)
A4 モノクロレーザー複合機 Satera MF6780dw 賃貸物件の情報
賃貸物件の情報はほとんどファクスでやり取りされる。そのため、ファクス複合機がなければ仕事にならないという

高速プリントがお客さまの満足度を向上させる

多数の来店客を迎える土日や祝祭日ともなると、御茶ノ水店では3名のスタッフがお客の相談に付きっきりになる。その過程では、朝一番に取り寄せた物件情報を紹介するだけでなく、間取りや家賃、駅からの距離など、お客の希望に合わせて専用ツールで物件を検索する。適した物件があれば、管理会社に問い合わせ、詳細な情報をファクスで取り寄せたり、公開情報をプリントアウトしたりを何度も繰り返す。お客1人あたりの紹介物件数は、「平均で30件ほどになる」(永井社長)。
「多くの物件を素早く紹介できるほど、お客さまの満足度は高まります。その点、MF6780dwは印刷の立ち上がりがとにかく速い。お客さまを待たせることなく、短い時間で多くの物件を紹介できます。これまで使用していた複合機では、印刷されるまでしばらく待つのが当然でしたから。これには大きな意味があります」(永井社長)
一般に、複合機を選ぶ際には1分間あたりのプリント枚数に目がいきがちだ。しかし実際に一度の印刷枚数が何十枚にもなるケースというのはあまりない。むしろ、少ない枚数をひんぱんに印刷することのほうが多いだろう。その点、「MF6780dw」は、キヤノン独自の「オンデマンド定着方式」によって、1枚目が印刷されるまでの待ち時間が約9秒と、立ち上がりが非常に速い。永井社長は「今では業務期間中にプリント待ちの状態が発生することはまったくありません」と話し、MF6780dwに大きな信頼を寄せている。
カウンター越しにお客と対面して行う物件紹介
カウンター越しにお客と対面して行う物件紹介は、ひとつひとつの要望に対する対応スピードがお客の満足度にダイレクトに影響してくる

限られた店舗スペースを生かし、効率的なワークスタイルを実現

また、「MF6780dw」が省スペースなのもクラッシー・ホームズの業務に適しているという。スタッフがカウンターから席を外す必要のない範囲に手軽に設置できるからだ。スタッフは手元のパソコンでプリントアウトを実行した後、振り返るだけで、印刷したペーパーを即座に手にできる。「印刷速度が速い点だけでなく、スタッフがほぼ動くことなく新しい物件を案内できるようになったのは大きい。このことは接客の向上に確実にプラスになっています」と、永井社長。 永井社長によると、この省スペース性は経営的な観点からも非常に重宝しているという。上手に活用できれば、店舗スペースあたりの利益の底上げにつながるからだ。 「当社のような不動産仲介の経営者は、限られた店舗スペースをどれだけうまく活用できるかという のも腕の見せどころ。その点、MF6780dwはサイズがコンパクトで、複合機として高い性能も備え ています。また、店舗の雰囲気にマッチする白いボディーも、店内の雰囲気づくりに役立っており、気に入っています」(永井社長) 多くのファクスを受信しプリントアウトが飛び交う不動産仲介の現場。クラッシー・ホームズは、小型かつ高速な「MF6780dw」を導入したことで、スタッフの機動性が高まり、短い接客時間の中で、希望に合った物件をこれまで以上に多く提案できるようになった。不動産仲介のような対面のカウンター業務は、ひとつひとつの対応スピードがそのままお客の満足度に影響してくる。「MF6780dw」は、まさにクラッシー・ホームズの"お客さま本位"のスタイルをさらに一段高いレベルで実現する原動力の ひとつとなっているのだ。
限られた店舗スペースを生かし、効率的なワークスタイルを実現
今はファクスを紙で受信しているが、今後はPCのファクス転送を利用し、受信を電子化することで、コストを抑えていきたいという
A4カラーレーザー複合機 Satera MF8380Cdw 詳細へ
A4モノクロレーザー複合機 Satera MF6780dw 詳細へ
導入企業の活用事例レポート トップページへ
このページのトップへ