ネットワークスキャナーScanFront 400ワンタッチ操作/カスタマイズ

ScanFront 400

定型業務をワンタッチで実行できる「ジョブボタン」

「ジョブボタン」機能を活用すれば、スキャンの度に設定操作を繰り返す必要がありません。「解像度」、「ファイル形式」、「保存先」など一連のスキャン設定をまとめてジョブボタンに登録。審査/契約/発注などの定型スキャン業務を、ログイン後にワンタッチで実行できます。ジョブボタンは、社内の誰でも使用できる「共有ジョブボタン」と、個人専用の「マイジョブボタン」の2種類からセキュリティーポリシーに合せて選択可能です。ボタンのカスタマイズで簡単操作を実現し、ワークフローを効率化します。

画面:マイジョブボタン画面

ジョブボタンの設定は「Webメニュー」から

ジョブボタンやアドレス帳の設定は「Webメニュー」を利用し、ネットワーク上のPCからリモート操作で行えます。また「Webメニュー」では、ユーザー管理やデバイス設定も行え、管理者の負担軽減も実現。バックアップ/リストア機能で、他のスキャナーに設定情報をコピーすることも可能です。

認証機能と連携し、細やかなユーザー管理を実現

ユーザー名とパスワード入力で不正ログインを防ぐユーザー認証機能を搭載。ログイン直後のアクセスを「マイジョブボタン」画面に限定したり、ユーザー別に機能制限を与えたり、細やかな管理も実現します。各種設定は「Webメニュー」から実行でき、支社などの遠隔地に設置したスキャナーの管理設定も行うことができます。以下の4項目の機能制限が可能です。

送信制限
Scan to Mail/Scan to FTP/Scan to FAX/Scan to Folder/Scan to USB Memory/Scan to Printerの6機能の使用に権限を与えます。
編集制限
アドレス帳やジョブボタンの作成・変更などを抑止します。
使用制限
LDAPアドレス帳の使用可否を設定します。
ジョブボタンのみ使用する
ログイン後にジョブボタン画面を表示します。ホーム画面からのスキャンを無効にします。

ユーザー管理

独自のWebアプリ開発で、操作・画面のカスタマイズが可能

カスタマイズ画面(例)カスタマイズ画面(例)

動作モードに「Webアプリモード」を選択すると、SDKにより開発したWebアプリに従ってScanFront 400を動作させることが可能になります。操作や画面の柔軟なカスタマイズや、業務システムとの連携を実現します。

  • 「Webアプリモード」を利用するには「ScanFront 400 Webアプリケーション SDK」(有償)が必要です。

Webアプリは外部の専用サーバーもしくは、本体に格納可能

ScanFront 400にはWebサーバー機能とWebブラウザー機能を搭載。開発したWebアプリをネットワーク上のWebアプリ専用サーバーもしくは、サーバーレスでスキャナー本体に格納する運用も可能です。

画面:Webアプリ

ScanFront 400 課題解決ストーリー

金融機関の融資審査、保険申込業務や、官公庁・医療機関の窓口業務、流通業をはじめとする受発注業務などさまざまなビジネスシーンの課題を解決するScanFront 400の活用術をご紹介します。

購入前のお問い合せ・資料請求

製品の導入・お見積りなどお問い合せを受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ