ドキュメントマネジメントソフトウェアimageWARE Desktop V4電子化

imageWARE Desktop Ver4

電子化した紙文書やアプリケーションデータの活用を支援する様々な文書ハンドリング機能で業務の効率化を支援します。

おもな機能

変換

図:変換

異なるアプリケーションでつくられた複数のデータを、簡単に1つのPDFデータに。機密性の高い文書はパスワードを設定でき、メール添付用に圧縮することもできます。

名前の変更

図:名前の変更

アプリケーションで開くことなく、プレビュー表示を拡大・縮小して内容を確認しながら、そのままファイル名を変更できます。

注釈

図:注釈

PDF文書に自由にテキストや図形を加えられるため、わざわざ出力しなくても、十分なコミュニケーションが可能です。また、稟議書スタンプや日付スタンプ、電子印鑑など、PDF上でスタンプが押せるので、ペーパーレスで申請処理ができます。

PDFの操作

図:PDFの操作

文書を開かずに、複数ページの文書を分割できます。必要に応じて、特定のページだけを抜き出したり、文書を再編成できます。

他お役立ち機能も充実

ファイル回覧

図:ファイル回覧

紙文書のように、PDFを回覧可能です。確認後、指定フォルダに移動すると、自動でファイル名に自分の名前を付与でき、回覧状況が一目で把握できます。

メール

図:メール

取引先とメールで文書をやりとりする場合、編集されたくない文書はPDFに変換。その際、パスワードを設定したりデータを圧縮することができます。

検索

図:検索

ファイル名以外にも、あらかじめ入力してあるインデックスから検索でき、目的の文書をすぐに探し出せます。

このページのトップへ