ドキュメントマネジメントソフトウェアimageWARE Desktop V4ファクス

imageWARE Desktop Ver4

注文書等のファクス文書の処理を、ペーパーレスで行うことで印刷コストを削減できると共に、さらにデスク上で完結することができるため効率的な作業が可能です。

おもな機能

フォルダー監視

図:フォルダー監視

受信したら、画面にポップアップ表示。お知らせ音も設定でき、確認漏れや紛失のリスクを低減します。デスクにいながら確認できるので、面倒なファクス機との行き来も不要です。

名前の変更

図:名前の変更

PDF文書に変換されたファクスをわざわざ開くことなくプレビューで確認し、ファイル名が変更できます。

仕分け(作業中)

図:仕分け(作業中)

ワンクリックでフォルダー移動が可能なので、受信ファクスをステータスごとに簡単に仕分けできます。

ページの抜き取り

図:ページの抜き取り

文書を開かずに、送り状だけを抜き取り、保存します。

注釈

図:注釈

出力しなくても、画面上で文字の入力や捺印が可能です。納期回答など、繰り返し行う業務の簡略化に活用できます。

ファクス

図:ファクス

imageRUNNER ADVANCEのアドレス帳を参照したり、CSV形式の連絡先を取り込んで、番号の手入力による誤送信を防止。パソコン上からファクス送信できます。

ファクス送信完了通知

図:ファクス送信完了通知

送信したファクスが相手に届いた時も、ポップアップでお知らせ。デスクにいながら、送信状況や送信履歴を確認できます。

仕分け(処理済み)

図:仕分け(処理済み)

回答済みの注文書を処理済みフォルダに移動。オプションを利用すれば、送信したファクスの宛先/送信結果/送信画像など送信履歴の確認・再送も簡単です。

  • ファクス送信履歴オプション(別売)

オプション

ファクス送信履歴オプション(別売)

図:ファクス送信履歴オプション

送信したファクスの宛先/送信結果/送信画像などの送信履歴の確認、再送がスピーディにでき、送信ファクス管理が簡単に行えます。

連携ソリューション

クラウドストレージサービス「HOME-BOX2」連携

図:クラウドストレージサービス「HOME-BOX2」連携

中小オフィスIT支援サービス「HOME」のクラウドストレージパック(HOME type-S)(別売)と連携することでワークプレイスを選ばずドキュメント共有を可能にします。

  • 「HOME-BOX2」はクラウド上で電子データを共有・保管するための、クラウドストレージサービスです。
  • imageWARE Desktopで生成したファイルをかんたんに共有し、どこでも閲覧することができます。
このページのトップへ