• 概要
  • 特長
  • 仕様

imageWARE Document Server V2|仕様

imageWARE Document Server V2

Document Server V2動作環境

ハードウエア環境

CPU Core i5 750以上(4コア以上)
メモリー 8GB 以上
ハードディスク容量 保存する文書以外に2GB 以上の空き容量
(システムディスクに最低80GBの空き容量が必要)
ディスプレー XGA(1,024 × 768)以上 フルカラー(16,777,216色)以上
回線速度 10Mbps(1 サーバー構成)
100Mbps(2 サーバー構成)

ソフトウエア環境

OS
  • Windows Server 2008 Standard 日本語版 Service Pack 2(64ビット版)
  • Windows Server 2008 Enterprise 日本語版 Service Pack 2(64ビット版)
  • Windows Server 2008 R2 Standard 日本語版 Service Pack 1(64ビット版)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise 日本語版 Service Pack 1(64ビット版)
  • Windows Server 2012 Standard 日本語版(64 ビット版)
  • Windows Server 2012 R2 Standard 日本語版(64 ビット版)
IIS 7.0 / 7.5
.NET Framework 3.5 Service Pack 1(Document Server のインストーラーに同梱)
SharePoint Microsoft SharePoint Foundation 2010 Service Pack 2
(DocumentServer のインストーラーに同梱)
Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2
SQL Server
  • SQL Server 2008 R2 Express Service Pack 2(64 ビット版)
    (Document Server のインストーラーに同梱)
  • SQL Server 2008 R2 Standard (64 ビット版)
  • SQL Server 2012 Standard(64 ビット版)
  • 別途必須コンポーネントがあります。詳しくは、担当営業にお問い合せください。

ウェブクライアント動作環境

ハードウエア環境

CPU Pentium 4 2.66GHz 以上
メモリー 1GB 以上
ディスプレー XGA (1,024 × 768) 以上 フルカラー (16,777,216) 以上
回線速度 10Mbps 以上

ソフトウエア環境

OS
  • Windows Vista Home Basic 日本語版
    Service Pack 2(32ビット版)
  • Windows Vista Home Premium 日本語版
    Service Pack 2(32ビット版)
  • Windows Vista Business 日本語版
    Service Pack 2(32ビット版)
  • Windows Vista Enterprise 日本語版
    Service Pack 2(32ビット版)
  • Windows Vista Ultimate 日本語版
    Service Pack 2(32ビット版)
  • Windows 7 Home Premium 日本語版
    Service Pack 1(32 ビット版/64 ビット版)
  • Windows 7 Professional 日本語版
    Service Pack 1(32 ビット版/64 ビット版)
  • Windows 7 Ultimate 日本語版
    Service Pack 1(32 ビット版/64ビット版)
  • Windows 7 Enterprise 日本語版
    Service Pack 1(32 ビット版/64ビット版)
  • Windows 8 日本語版 (32ビット版/64ビット版)
  • Windows 8 Pro 日本語版 (32ビット版/64ビット版)
  • Windows 8 Enterprise 日本語版 (32ビット版/64ビット版)
  • Windows 8.1 日本語版(32 ビット版/64 ビット版)
  • Windows 8.1 Pro 日本語版(32 ビット版/64 ビット版)
  • Windows 8.1 Enterprise 日本語版(32 ビット版/64 ビット版)
  • Windows Server 2008 Standard 日本語版
    Service Pack 2(64ビット版)
  • Windows Server 2008 Enterprise 日本語版
    Service Pack 2(64ビット版)
  • Windows Server 2008 R2 Standard 日本語版
    Service Pack 1(64ビット版)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise 日本語版
    Service Pack 1(64ビット版)
  • Windows Server 2012 Standard 日本語版(64 ビット版)
  • Windows Server 2012 R2 Standard 日本語版(64 ビット版)
ウェブブラウザー ※1 Microsoft Internet Explorer 7.0(32ビット版のみサポート)
Microsoft Internet Explorer 8.0(32ビット版のみサポート)
Microsoft Internet Explorer 9.0(32ビット版のみサポート)
Microsoft Internet Explorer 10.0(32ビット版/64ビット版)
Microsoft Internet Explorer 11.0(32 ビット版/64 ビット版)
ウェブブラウザープラグイン※2 Adobe Flash Player 11
フレームワーク ※3 .NET Framework 3.5 Service Pack 1
  • ※1 Microsoft Internet Explorer のセキュリティーゾーンは、「ローカルイントラネット」に設定することを推奨します。「ローカルイントラネット」以外のゾーンに設定する場合は、そのゾーンのセキュリティー設定を「Document Server へのアクセスについて」に記載された内容で変更してください。
    (注)Modern UI での動作は保証できません。
  • ※2 64ビット版は、Microsoft Internet Explorer 10.0/11.0 のみサポート。
    (注)Windows 8/Server 2012を使用している場合は、Windows Update を通じてFlash Player が更新されます。クライアント機能を使用する場合は、Flash Player の最新版を使用することを推奨します。
    (注)Adobe Flash Player の記憶領域にクライアント機能の設定情報が保持されるため、記憶領域の削除を行うと設定がすべて初期化されます。Microsoft Internet Explorer 8.0 以上のウェブブラウザーには終了時にCookie を削除する機能があるため、クライアント機能を使用する場合は、Cookie を削除しないように設定することを推奨します。
  • ※3 フレームワークは、ドラッグ&ドロップ文書登録機能プラグインを使用する場合のみに必要です。

ドキュメントマネジメント

  • 製品カタログ
  • お問い合せ
このページのトップへ