• 概要
  • 特長
  • 仕様

imageWARE Scan Manager DS V1.1|特長

imageWARE Scan Manager DS V1.1

さまざまな入力機器とイメージデータに対応する親和性

TWAIN/ISIS対応のキヤノン製入力機器はもちろん、ネットワーク上のimageRUNNERからコピー感覚でスキャン操作が行えます。また、PDFやBMP、JPEG、TIFFなどのイメージデータの取り込みにも対応。さまざまな用紙サイズの帳票に合わせた入力機器を選択できます。

帳票を認識して文書を自動分割

表紙となる帳票を認識して文書を自動分割することができます。1件ごと枚数が異なる文書もまとめてスキャナーで読み込めるので、効率的に電子化作業が行えます。

部分OCRで帳票内の文字を効率よくインデックス化

帳票内の指定領域をOCRでテキスト化し文書属性情報であるインデックスとして入力できます。読み込んだ画像内のOCR指定領域を拡大表示し、認識結果を確認しながら入力を行うことも可能です。バーコードやQRコードからの認識も加わり、さらに効率アップになります。OCRで誤認された可能性がある文字をユーザーに通知し確認を促すことにより、正確な入力を支援します。

インデックス情報を元に文書を自動振り分け保存

インデックスに入力された帳票名や取引先名などを元に、imageWARE Document Serverのフォルダーに自動的に振り分け・保存することが可能なので、手間のかかる仕分け作業の負担を大幅に軽減します。また、Windowsフォルダーへの振り分けもでき、基幹系サーバーとの連携も可能になります。

文書管理システムimageWARE Document Serverで効率的に文書を活用

imageWARE Scan Manager DSによって取り込まれた文書とインデックスを文書管理システム「imageWARE Document Server」へ保存することにより、効率よく目的の文書を探し出せます。

imageWARE Scan Manager DS ソリューション

Case1.製造業|さまざまな製品の製造指示書の電子化で遠隔地からも文書閲覧が可能に

これまで紙で共有していた製造指示書を一括して電子化。品名や品番などのOCR入力に加え、ロット番号のバーコード情報を読み取り、インデックス化。紙文書の共有では問い合わせを受けてから目的の指示書を探し回答する業務でしたが、電子化による共有では各自が情報を探し出すことができ、問い合わせ対応の業務負荷が軽減しました。

Case2.税理士事務所|多くの法人顧客の各種申告書の電子化でオフィスの保管スペースを削減

添付文書により、1件あたりの枚数の異なるさまざまな申告書を一括スキャン。電子化した原本は倉庫に保管。電子データでパソコン上から内容を確認できるので、オフィス内の保存スペースを削減でき、目的の文書を探し出す時間も短縮しました。

Case3.貿易会社|紙で保存していた大量の通関帳票の電子化で仕分け作業を削減

大きさや種類の異なる複数の通関帳票を一括スキャンし、取引先ごとに自動仕分けし保存。大量の書類を帳票種類別に仕分けしてスキャンできるため、作業時間が大幅に削減しました。


ドキュメントマネジメント

  • 製品カタログ
  • お問い合せ
このページのトップへ