ドキュメントマネジメントソフトウエアThereforeインデックス

Therefore

検索時間を大幅削減する文書保管をルール化するインデックス管理

文書をインデックス構造で保管しておくと、インデックス情報を利用して、誰でもいつでも同じように検索が行えます。また、インデックスは複数登録ができるので、インデックスを組み合わせて検索を行うと目的の文書を簡単に特定することができます。

インデックスによる保管ルールの統一で解決できます。

担当を引き継いだが、前任者が保管していた文書を探すのに手間取ったり、顧客からの問い合わせ対応のために、文書から必要な情報を調べるのに時間をかけたりしていませんか?

誰が格納した文書であっても統一的なルールで検索でき、検索時間を大幅に削減できます。

図:文書の検索時間を大幅に削減

保管ルールの統一で文書検索を効率化

Thereforeでは、案件や文書の種別ごとにインデックス情報とともに文書を保管するため、統一的なルールで情報を保管することができ、文書を格納した当人でなくとも容易に目的の情報を探すことができます。また同一文書の以前の版も合わせて管理できるため、以前との変更点を見比べるために過去の文書を捜索することも容易です。

図:検索性と効率的な情報管理

imageRUNNER ADVANCEと連携し印刷やスキャン業務を効率化

ThereforeとimageRUNNER ADVANCEとの連携で、コンピューターを介さずに直接Thereforeにスキャンした文書を保存したり、コンピューターを介さずにThereforeに保存している文書を、imageRUNNER ADVANCEから印刷できるので、より効率的な文書の入出力を行うことが可能です。

図:imageRUNNER ADVANCEと連携し印刷やスキャン業務を効率化
このページのトップへ