ドキュメントマネジメントソフトウエアThereforeワークフロー

Therefore

業務標準化と進捗状況の視覚化を実現するワークフロー

図:名前の変更

業務手順を社内で標準化することで、業務内容の統一化を図ることができます。人によって手順が異なるといったことを防ぐことができます。また業務手順のプロセスを視覚化することで、現在処理がどこまで行われているのかを関係者で共有することができます。

Thereforeでワークフローを策定すれば解決できます。

他の業務で多忙なときなどに、定型業務でミスをしそうになったことはありませんか?また、担当者不在でも、その定型業務は対応できますか?

Thereforeでワークフローを策定しておけば、手順を間違いの防止や代理で作業を行うことも簡単にできます。

図:Thereforeでワークフローを策定すれば解決できます。

ワークフローの定義で業務を標準化

Thereforeは、業務手順を定義したワークフローを簡単に設計することができます。例えば、決裁業務における金額に応じた決裁者への決裁申請-上長承認-経理部門へ処理依頼、契約業務における契約書作成依頼-法務部門での受領-上長承認-契約満了日通知といった一連の流れを定義することにより、そのワークフローをたどることで作業周知の手間やミスの軽減につながります。こういった作業の標準化により、担当者が急に不在となっても別の担当者での対応が容易になります。

図:ワークフローの定義で業務を標準化
このページのトップへ