• 概要
  • 特長
  • 仕様

imageWARE Trust Stamp|特長

imageWARE Trust Stamp プリント文書に隠し文字を埋め込んだ地紋を印刷。コピーによる情報流出を効果的に抑止します。

地紋印刷

パソコンで作成した印刷物にimageWARE Trust Stampによって地紋印刷をするには、簡単なプリンタードライバーの設定だけで行なうことができます。地紋機能を使用して印刷するためには、「地紋のスタイル設定」「濃度調整(キャリブレーション)」「印刷」のそれぞれの機能を活用します。

印刷

印刷地紋印刷は、原稿を作成したアプリケーションソフトから簡単に行なえます。image WARE Trust Stampを組み込んであるプリンターを選択して、あとは普通に印刷するだけです。

スタイルの設定

スタイルの設定地紋の「スタイル」の設定は、あらかじめ登録されてあるスタイルを利用する方法と、新たにスタイルを作成、登録する方法があります。隠し文字の文章、文字列の数や角度、文字のフォントやサイズ、背景模様やカラーなど組み合わせによって、様々なパターンの作成が可能です。また情報流出時のプリント元の情報を示すために、隠し文字に以下の項目を設定することもできます。

・ホスト名 ・MACアドレス ・日付と時刻
・ユーザー名 ・ジョブ名 ・日付
・IPアドレス ・ジョブID ・時刻

自由自在に文字や背景模様を設定できます。

自由自在に文字や背景模様を設定できます。あらかじめ登録されているスタイル(隠し文字や地紋パターン)を利用するだけでなく、新たにスタイルを設定することができます。文字のフォントやサイズ、配置角度、さらに背景の模様やカラーを自由に設定し、部や課ごとのスタイルとして登録することが可能です。

濃度調整(キャリブレーション)

濃度調整(キャリブレーション)最適な地紋を印刷するためには、プリンターによって異なる描画能力を確認して、地紋の大ドット(コピー後に残る部分)と小ドット(コピー後に消える部分)の濃度の組み合わせを調整する必要があります。
キャリブレーションによって濃度の設定を行ない、サンプルプリントで、小ドットの濃度を段階的に変化させた地紋イメージを印刷します。

サンプルプリントの出力結果から最適な地紋イメージを選び、その地紋イメージの小ドットの濃度に設定することによって、地紋の大ドットと小ドットの濃度の組み合わせを調整します。

管理者権限で、すべての出力に地紋・隠し文字印刷が可能

管理者権限で、すべての出力に地紋・隠し文字印刷が可能地紋印刷のON、OFFの切り替えはWindowsの管理者権限(Administrator、PowerUsers)のみ設定できます。それ以外のユーザー権限では切り替えが不可になるため、常に地紋印刷設定をONにしておき、すべての出力物に地紋を印刷するように設定できます。また、万が一情報が流失した場合に備えて、プリント元の情報をヘッダーやフッターに記載することもできます。
・ホスト名 ・MACアドレス ・日付
・時刻 ・ユーザー名 ・ジョブ名
・IPアドレス ・ジョブID

アクセス権の設定

プリンターに対するアクセス権を設定することで地紋印刷設定の許可、不許可の管理を行うことができます。(Windows2000/XP/Server2003)

地紋印刷の設定は、プリンターの[プリンタープロパティ]ダイアログボックスのみで行います。したがって設定変更を行うためには、設定するプリンターに対するフルコントロールアクセス権が必要です(WindowsのAdministratorとPowerUsersにはデフォルトの設定でフルアクセスコントロール権が割り当てられます)。

このプリンターのアクセス権を制限されたPC利用者は、あらかじめ設定された地紋印刷設定を変更することができません。この仕組みを利用して地紋印刷の管理を行うことが可能です。

TLコード

出力紙の背景に隠れた情報(TLコード)を埋め込んで印刷することにより、情報漏洩の抑止を高めることができます。
TLコードは2次元バーコードの一種で、出力紙にドットを印字し、そのドットの変位を利用してデジタル情報を埋め込むことができます。TLコードにより、出力紙をコピーしようとしたときに、ジョブをキャンセルしたり、パスワード認証を要求するなどの設定ができます。これを「ジョブロック」といいます。
また、TLコードとしてユーザー名、日付、デバイス名などの情報を埋め込むことで、誰が、いつ、どのプリンターから出力したかを解析することができます。埋め込まれたユーザー名、日付、デバイス名などの情報を「追跡情報」といいます。
  • 重要:TLコードが埋め込まれた出力紙のコピーを禁止、制限するには、デバイスにジョブロック拡張キットが必要です。

出力管理ソフトウエア

  • 製品カタログ
  • お問い合せ
このページのトップへ