医療法人社団玉栄会 東京天使病院様 導入事例

PET素材のシール紙に印刷してICカードを再利用 職員証の印刷コストを大幅に削減

東京天使病院を中核として東京都八王子市で医療や介護事業を展開している医療法人社団玉栄会では、医師や職員がICカード型職員証をつねに携帯している。しかし、病院では職員の入れ替わりが多いため、その都度新しいICカードに更新していたのでは多額の費用がかかってしまう。そこで、PET素材の光沢シール紙にも印刷ができるカラーカードプリンターを導入し、名前と写真を印刷した職員証シールを貼り替えることでICカードをリユース。さらに、名刺や職員駐車証の印刷にも利用している。そこで、カラーカードプリンター導入の経緯と成果を、総務部長の佐藤成氏に伺った。

  • 業種医療業
  • 従業員規模約400名

PDFダウンロード

こちらの導入事例は、PDFで詳しくご覧いただけます

関連リンク:キヤノン カードプリンター製品ページ

  • 運用方法で変わる!社員証/入館証の作成コストと業務を劇的改善
  • プリントサンプルのご請求

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ