有限会社あきた県都交通様 導入事例

わずか1ヶ月で利用率は130%に。アイディアに即応したカード作りで顧客満足度をアップ

法人だけでも18社のタクシー会社が事業を展開している秋田市。そんな激戦区に28年振りに新規参入したのがあきた県都交通だ。業務の主役であるタクシーはわずか6台という小規模な船出に不安はなかったのだろうか。
「他社よりも質の高いサービスを提供すれば、お客さまは必ず振り向いてくれます。」と語るのは、専務取締役の照井由輝さん。ドライバーが利用者に配るタクシーカードもそのひとつだという。通常は配車の際に使用されるこのカード、実はあきた県都交通のポイントカードを兼ねている。利用のたびにポイントが加算され、満額になればタクシー優待券がもらえるというシステムだ。

  • 業種タクシー業

PDFダウンロード

こちらの導入事例は、PDFで詳しくご覧いただけます

関連リンク:キヤノン カードプリンター製品ページ

  • 名刺を見直すことで、コストを削減!スペシャルコンテンツ名刺達人マガジンはこちら
  • プリントサンプルのご請求

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ