日本アート精版株式会社様 導入事例

大幅なコストダウンと色安定性の両立を実現

※2011年掲載
大阪府西区にある日本アート精版株式会社は、グループ会社である日本アート印刷工業株式会社の製版、CTP出力を主な業務に掲げる企業である。
2011年、それまで使用してきたDDCPの代替として「imagePROGRAF iPF8300S」(以下、「iPF8300S」)を主力プルーファーとして導入することを決定した。早くからインクジェットプルーフを活用してきた同社に、現在のワークフローとプルーフシステムの構築について伺った。

  • 業種印刷業

関連リンク:キヤノン 大判プリンター製品ページ

  • グラフィック・フォトソリューション ソフトウェアRIP
  • 大判プリンター製品情報
  • フォトプルーフソリューション

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ