導入事例マイナンバー関連の追記業務をカード追記プリンターで自動化。煩雑な手書き業務を改善

世田谷区役所 様 導入事例

世田谷区役所様事例

マイナンバー制度の本格運用により、自治体の住民記録窓口ではカード追記業務が急増している。東京都世田谷区では、手書きでは時間がかかるし、記入ミスが起きるおそれもあると考え、個人番号カード(プラスチック)にも通知カード(紙)にも、1台で簡単に印字できる追記専用プリンターCanon CX-M1700を導入。業務の効率化を求める職員の声に応えた。
(掲載:2016年3月)

  • 業種地方自治体
  • 職員数5481人

PDFダウンロード

こちらの導入事例は、PDFで詳しくご覧いただけます

※ 本PDFは、地方公共団体情報システム機構発行「月刊J-LIS」平成28年4月号に掲載された記事を使用しております。なお、使用に当たっては、地方公共団体情報システム機構の承諾をいただいております。

関連リンク:キヤノン カードプリンター製品ページ

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ