国立大学法人 東北大学 様 導入事例復興支援の一助としてフルカラー3Dプリンター環境を地元企業に提供

国内有数の研究設備を誇る東北大学では、1998年、産業・社会の課題解決のためのプロジェクト研究を外部と連携して行う場として未来科学技術共同研究センターを設立した。
同センターでの復興支援の一助として、地元の中小企業への機器開放も推進する中、先行導入した樹脂タイプでは応えられないカラーニーズが出てきたことを受け、次に着目したのがフルカラー3Dプリンターだった。
(掲載:2015年12月)

  • 業種学校教育業
  • 従業員規模6,442人

PDFダウンロード

こちらの導入事例は、PDFで詳しくご覧いただけます。

導入前の課題

  • より効率的な開発が実現できる環境を整えるとともに、廉価で貸し出すことで、地元の中小企業の事業にも協力したい
  • 見た目にこだわり、完成品のイメージにこだわればこそ、そこには必ずカラーへのニーズが生まれてくるはず

導入後の効果

  • 人の興味を惹き付けて、理解を進めることができるのはカラーならでは
  • 復興支援として実際にモノづくりをサポートするだけでなく、旗を掲げる、背中を押す役割

より一層見る人の興味を惹き付け理解も進むとカラー導入に大きな手応え

サンプルを見た企業の間で大変好評なフルカラー3Dプリンター。
中でも特に受けがよかったのが、仙台市街地の3D地図。カラーデータは陰影がより目立つため、地形が極めてよくわかると好評だ。

想定以上の仕上がりについて
「人の興味を惹き付けて、理解を進めることができるのはカラーならではと実感しました」と語り、続けて「私たちの研究成果を見て、震災で自信を無くしてしまった人、目的を見失ってしまっていた技術者の方たちが、よし、俺もやろうと奮起する瞬間を何度も目撃しました。復興支援といっても実際にモノづくりをサポートするだけでなく、旗を掲げる、背中を押す役割も大きいのだなと実感しました」というコメントを寄せてくれた西澤准教授。さまざまな形式の3Dプリンターが市場に出回る中、今後必要になってくるのはやりたいことに合致した装置を選択することである。
そのためのシミュレーションの場としても最適な東北大学。

今、製造現場で最大限の注目を集めるフルカラー3Dプリンター同様、同大学の社会における役割は今後もますます大きくなっていくに違いない。

お客様プロフィール

国立大学法人 東北大学

本部所在地: 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1-1
創立: 1907年06月22日
大学運営収入: 91,775百万円(2014年度)
総事業収入: 145,655百万円(2014年度)
学生総数: 17,865人
役員・職員数: 6,442人(うち教員数:3,184人)

※2015年5月1日現在

関連リンク:3Dプリンタースペシャルサイト

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ