学校法人安田学園 安田女子大学 様 導入事例

実践的な教育による学生の造形力・提案力向上を目指し、フルカラーの3Dプリンターを導入

  • 業種学校教育業
  • 学生総数4,156人

学生の「形状造形」のクオリティを高め、提案力を養成する

安田女子大学は、創立以来、「柔(やさ)しく剛(つよ)く」を学園訓とする総合大学だ。家政学部では高度なデジタルスキルを身につけ、総合造形力や課題解決力を備えた人材育成のために「造形デザイン学科」を新設。企業の商品開発プロセスを体験できる「形状造形」のプロジェクトを設け、より実践的な教育に踏みだした。

そこで導入したツールがプロフェッショナル3Dプリンター・ProJet®x60シリーズだ。ベストの造形物が出力できる3Dプリンターを使って提案力、説得力を身につけてほしい。そんな教授陣の思いを受けた学生たちは、原爆ドームや旧浦上天主堂を再現する。高精度の石膏で、静かに、速く出力するツールは学生の造形力を養い、教育効果を高めている。

01導入の経緯学生が新商品を提案する演習に3Dプリンターを

造形デザイン学科の演習は、学生に新しい商品やプロジェクトの提案を課す。その中心的役割を果たすのが3Dプリンターだ。学科長の山下明博教授は、「クオリティが高い造形物を出力したほうが、より説得力が増す。教育効果が高いと予想されます。そうした観点から3Dプリンターを導入しました」と語る。学生は企業のなかで行われる商品開発の手順を、3Dプリンターを使って何度も体験し、実践的な力を身につけている。

造形デザイン学科長・山下明博教授造形デザイン学科長・山下明博教授

USER's VOICE

石膏は材料費も抑えられ、想像以上の効果がありました
石膏は肌触りもよく、質感がしっかりした材料です。不要な石膏は再利用が効きますし、材料費が抑えられます。ProJet®x60は密封した空間もいらないので非常にいいな、と思いました。加えて精度が高い。フルカラーで造形でき、大きなモノまでつくれます。想像以上の効果がありました。

02導入の決め手一般教室でフルカラーの高精度出力&手厚いサポート

3Dプリンターの選択には、いくつかの条件があった。最優先は「着色できて、質感がしっかりした造形物」を出力できること。山下教授は「学生の試作品が無着色で質感が不十分だと正しい評価ができない」と言う。機器は一般教室に設置するので「静かで空間を区切らない」ことも重要だ。さらに「高速で材料費がかからない」ことも条件に加わり、質感のいい石膏で出力するProJet®x60が浮上。最終的な決め手は、キヤノンの信頼感と充実したサポート体制だった。山下教授は「キヤノンの製品群は信頼感が高い。モデリング作業がスムーズにできるソフトウェアもある。サポート体制も万全」ですと語る。たとえば、石膏がつまり気味のとき、電話をしたらすぐにスタッフが飛んできた。原因は「私どもの油の差し方がちょっと悪かった」と山下教授。専門家にしかわからない点を、迅速、的確に助言してもらえるのでありがたいと言う。

03導入後の成果原爆ドームと旧浦上天主堂の再現プロジェクト

造形デザイン学科の染岡慎一教授と学生たちは、現物が残っていない建造物の再現プロジェクトにProJet®x60を使った。まず、原爆ドームは、元の姿、広島県産業奨励館の3Dデータを作成し、さらに、3Dスキャナーを使用して原爆ドームの3Dデータも作成、被爆前後の3Dプリントモデルを完成させた。次にわずかな写真資料しかなかった旧浦上天主堂(長崎市)と被爆遺構のカラー 3Dデータを作成し、ProJet®x60でカラー 3Dプリントを行った。

染岡教授はProJet®x60を使えば「学生の発想の幅が広がる」と言う。プロジェクトをリードした田村早紀さん(3年生)は「写真を組み合わせながら、本物に近い形にしていくのが大変だったけど、案外スムーズにいって、楽しかった」と語る。原田彩加さん(3年生)は、3Dプリンターがもっと普及すれば「自分でコップやスマホのケースを作って、持っている人自身がクリエーターになればいい」と夢を膨らませる。

04今後の展望予想外のレプリカ作成で大反響、分野を超えて広がる用途

3Dプリンターの用途は試作やデザイン確認ばかりではない。安田女子大学の文学部書道学科は中国の古代文字の研究も行っており、貴重な史料を数多く保存している。そのなかに今から1800年前の中国の建物の一部、文字を書いた銘板がある。書道学科では、国際シンポジウムこの銘板を持ち込もうとした。ところが銘板は重くて外に出せない。頭を悩ませている文学部教授を見た学生が「3Dプリンターがあるみたいです」と伝えた。「あっ、それ使ってみよう」と銘板のレプリカづくりにとりかかる。無事、石膏でレプリカが完成し、学会に持ち込んだ。すると……「大反響が起きたそうです。ですから、(用途は)従来の製品開発やエンジニアリングの分野以外でも、かなり広がる」と染岡教授は語る。山下教授は「デザインと造形を近づけて新しい教育の可能性が広がる」と期待している。

  • 造形デザイン学科・染岡慎一教授
  • 3Dプリンター制作レプリカ(左)

お客様プロフィール

学校法人安田学園 安田女子大学

本部所在地 :広島県広島市安佐南区安東6-13-1
学生総数 :4,156人
創立 :1966年(昭和41年)

※2015年5月末現在

導入ソリューション

ProJet®x60シリーズ  ProJet®660Pro

石膏パウダータイプ(カラー):
インクジェット粉末積層方式(カラージェット・プリント方式)
最大600万色の高品質モデルで、静音、安全、無臭。
速度は約5~10倍(他社製品比)、ほんの数時間でモデルを出力します。
すべての環境で導入しやすいコスト、万全のサポート体制でお届けします。
積層ピッチ(mm)の精度 :0.1
最大造形範囲(mm) :254×381×203
本体寸法(幅×奥行×高さ) :1880×740×1450mm
本体の重さ :340kg

PDFダウンロード

こちらの導入事例は、PDFで詳しくご覧いただけます。

関連リンク:3Dプリンタースペシャルサイト

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お気軽にお問い合せください。

関連する事例

お客様の企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ