介護事業食堂・レクリエーションルーム

食物アレルギー対応食などの特別食を正確に配膳し、安全性を高めましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 食品アレルギー対応食の配膳ミスを防ぎたい…
  • 食札に利用者の名前などの記入を簡単に行いたい…

CASE 1食物アレルギー対応食などの特別食を正確に配膳し、安全性を高めましょう

具体的な解決方法はこちらアレルギー品目が一目で確認できるように食札を色分けする

介護施設の入所者の中には、食品アレルギーを持つ方もいます。そのため献立作成の配慮、調理、配膳のそれぞれのプロセスで食材、調理器具のチェックを正確に行う必要があります。
とくに、配膳時における通常食、アレルギー品目除去食の区別、さらには複数のアレルギー成分の識別を現場で行う仕組みを整え、配膳ミスを予防しましょう。現場での配膳ミス防止に効果的な方法が、カラーラベルによる区別・識別です。多種多様なアレルギー品目に対応するため、たとえば紫色はソバ、ピンクは甲殻類、黄色はタマゴなどに色を分けたり、禁止食に強調色をつけたりするなどの工夫ができます。

このような効果が得られますアレルギー品目を一目で確認でき、配膳ミスを防ぐ

ラベルプリンターを使って食札を作成すれば、部屋番号や入所者の名前、特別食の内容など、重要な情報をカラーで表示したり強調できるので、見間違え、見落とし、配膳ミスを防止します。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ