調剤薬局待合室

処方待ちの患者や地域住民のための健康支援サービスを行いましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 来局されたお客さまの万が一の事態に備えておきたい…
  • お客さまの健康を促進する取り組みはできないか…

CASE 1AEDの導入を行い、万が一に備えましょう

具体的な解決方法はこちら調剤薬局にAEDを導入する

薬局は、高齢者、心疾患をお持ちの方など、大勢の方が利用します。突然心停止を起こして倒れた方がいた場合、救急車が到着するまでの時間に救命処置ができれば、助かる可能性は飛躍的に高まります。万が一に備えて薬局内にAEDを設置しましょう。

誰もが簡単に操作ができる、管理がしやすい、などの条件に合ったAEDを導入し、素早い一次救命処置ができるようにしましょう。

このような効果が得られますAEDを導入し、患者や地域住民の安心感につなげる

AEDの設置を行い、従業員が心肺蘇生法講習を受けておくことで、来局者や近隣の住民に万が一の事態が起こった場合に迅速な一次救命処置を行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2全自動血圧計を導入しましょう

具体的な解決方法はこちら全自動血圧計を導入する

全自動血圧計を設置することで、患者さんが処方の待ち時間を利用して血圧測定をすることができます。左右どちらでも測定することができて、ボタンを押すだけで印字まででき、お年寄りでも簡単に使用できる全自動血圧計の採用が増えています。

このような効果が得られます処方の待ち時間を利用して血圧測定ができる

処方待ちの時間に血圧測定を行うことで、待ち時間の有効活用に役立ちます。また、全自動血圧計は誰でも簡単に測定することができるので、利用者自身で測定を行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ