農業農園

農作物の生育状況をモニタリングし、農作業の効率化を図りましょう。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 農作物の生育状況を確認したいが、広い農園を全て見回るのに時間がかかる…
  • 夜間でも不審者の侵入や害獣の徘徊を検知したい…

CASE 1農作物の生育状況をモニタリングし、農作業の効率化を図りましょう

具体的な解決方法はこちらネットワークカメラを活用し、農作物の生育状況をモニタリングする

農産物の生育は日照や気温などさまざまな気象条件の影響を受けます。ハウス栽培や液肥栽培といった人工的な管理が行き届いた環境でも同様です。生育状況を確認し、肥料の量や時期を決め、収穫の適期を知る…。すべては、直接目で見て確かめるしかありません。しかし、数多くの施設や広大な農園を限られた人員でくまなく見て回ることは困難です。そこで、農園にネットワークカメラを設置することで、足を運ばずに遠隔から生育状況をモニタリングすることができるようになります。

このような効果が得られます遠隔地から農園の状況を確認でき、作業効率が向上する

ネットワークカメラを活用して、農作物の確かな生育状況を把握することで、必要な時に農園に足を運び、最低限の作業で収穫に向けた対処が可能になります。また、夜間の不審者や害獣の進入を検知することで、防犯・害獣対策を講じることが可能になります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ