食料品製造業倉庫

バーコード情報のついたカラーラベルを活用して、商品の出荷・配送業務を効率化しましょう。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 一目で納入先がわかる様な現品票が欲しい…
  • 配送状況の問い合せに迅速に対応したい…
  • 出荷作業と在庫管理を同時に行い、業務を効率化したい…

CASE 1バーコード情報のついたカラーラベルを活用して、商品の出荷・配送業務を効率化しましょう。

具体的な解決方法はこちら現品票、配送票などのラベル用紙をカラー化する

製品や外箱にラベルを貼付することで、ピッキングや出荷作業を効率化することができます。貼付するラベルをカラー化することで、視認性が増し、見落としや誤配送を抑止することができます。納入先や緊急性の有無などを色分けでわかりやすく表示したり、バーコードを印字し、商品のロット情報や固有ID、賞味期限などを基幹システムと連動させることも可能です。携帯情報端末でバーコードを読み取ることで、商品情報だけでなく、在庫や売り上げ管理、配送伝票などと連携させることができます。

このような効果が得られますカラーラベルで、商品の出荷・配送業務を効率化する

製品の発送時の荷札をカラー印刷すれば、誤配送や積み残しを防止できるようになります。また、荷札にバーコードを付け、出荷時に携帯情報端末でチェックを行えば、同時に倉庫の在庫数管理ができ、配送状況を確認することもできるようになります。とくに鮮度、賞味期限が重要となる食料品分野においては、バーコードによるロット管理で、在庫の鮮度管理ができるようになります。また、事前に種類ごとに違うラベル用紙を印刷し、在庫しておかないでも済むことから、ラベル用紙の無駄や置き場所にも困ることがありません。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ