製造業開発・設計・デザイン室

開発中の製品などの機密情報をセキュアに管理しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 取引先に機密情報の削除を依頼したが、確実に削除されたかは確認できない…
  • データを暗号化しているが、本当に漏えいしていないか確認する術がない…

CASE 1開発中の製品などの機密情報をセキュアに管理しましょう

具体的な解決方法はこちらドキュメントにセキュリティーポリシーを付与する

開発中の製品などの機密情報を、外部に誤って送信してしまった際に誰でもファイルを開くことができてしまう状態では、セキュリティー対策は万全とは言えません。また、業務上必要なデータを取引先に渡した後、機密情報の削除を取引先に依頼しても、本当に削除しているのかの確認もできません。ファイルを暗号化しても、いつ誰がどのように使用したか分からず、復号化されてしまったら流出を止めることはできません。利用上不安のある機密情報には、あらかじめファイルにセキュリティーポリシーを付与しましょう。
ポリシーを付与することで情報の暗号化や文書の利用権限のコントロールができるので、機密文書の漏えい防止や取り扱いルールの徹底が図れます。

このような効果が得られます適切な権限設定で、安全に情報共有を行う

ファイルにポリシーを付与し、閲覧の許可/不許可の設定を行うことで、ポリシー上許可されていないユーザーはドキュメントを閲覧することはできません。また、開封・閲覧できる期間を設定しておけば、期限が切れた場合にファイル自体を失効させることも可能です。社内でのファイル管理だけでなく、社外に渡ったファイルのセキュリティー管理もできるため、情報漏えいリスクを低減すると同時に、社内のセキュリティー意識の向上が期待できます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ