製造業倉庫

配送ラベルをカラー化し、作業や配送のミスを軽減しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • モノクロのラベルでは出荷やピッキングのミスが多発してしまう…
  • ラベルを見ただけでは配送方面がわかりづらい…

CASE 1配送ラベルをカラー化し、作業や配送のミスを軽減しましょう

具体的な解決方法はこちらラベルプリンターを導入し、配送ラベルをカラー化する

スピードと正確性が求められる配送作業には、箱ラベルやかんばん、物品管理ラベル、配送ラベルなど、さまざまなラベルが使われています。配送作業で使うラベルがモノクロ印刷の場合、記載情報を目視で確認して作業を進める際に、勘違いによるミスが起きる可能性があります。また、製品の積み込みの際に、パッと見ただけでは納品先別に仕分けることが難しく、いったん誤手配があると取引先にご迷惑をお掛けするだけでなく、お詫びや引き取りなどの再手配に時間がかかります。
ラベルをカラーにすることで、視認性が増し、作業ミスや誤出荷を防ぎます。配送先ごとの色分けやカラーでの強調、特記事項をワンポイントでカラー表示、製品画像をラベルに印刷するなど、わかりやすい管理が可能です。

このような効果が得られます配送ラベルのカラー印刷で業務を効率化する

倉庫内の配送業務にカラーラベルを使うことで、ピッキングや出荷業務の効率化を図ることができます。
二次元コードの印刷にも対応しているので、ピッキング時に携帯情報端末でラベルのコードを読み取り、情報を配送管理に利用することで、出荷管理にかかる業務負荷を軽減することができます。自社のビジネスに合ったカラーラベルを用意することで、配送作業の精度とスピードが高まり、業務を効率化できます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ