不動産業モデルルーム・モデルハウス

新築住宅の外装や内装を実寸感覚で確認・体験できる仕組みを整えましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 新築住宅の内装資材を選ぶ際、カタログだけでは色やサイズがお客さまに伝わりにくい…
  • 色合いや模様など、実際に見てみないと雰囲気がわからない…
  • 外装もパースやイラストだけでなく、リアルな感じで見ていただきたい…

CASE 1新築住宅の外装や内装を実寸感覚で確認・体験できる仕組みを整えましょう

具体的な解決方法はこちら外装や内装を体感できる環境を整える

住宅の外装や内装を選ぶときに、資材や建材の色、サイズ感などをカタログ上で比べても「実際に目で見て確かめてみないことにはわからない」というお客さまは多いことでしょう。従来、内装は工事後でないと目で確認することはできませんでしたが、現実空間にコンピュータグラフィックなどを組み合わせて、あたかも実物がそこにあるように体験できる技術があります。これを仮想と現実を融合させた複合現実映像技術といいます。この映像技術を使用すれば、目の前に住宅全体や室内が現れ、事前に具体的なイメージを確認することが可能です。

このような効果が得られます複合現実映像技術で、他社との差別化を図る

複合現実映像技術を活用することで、パースやイラストだけでは伝わりづらい外装や内装を実寸に近いイメージで確認してもらうことができます。実際の空間に色やサイズがどう存在するのか、お客さまが疑似体験をしながら確認することができます。住宅の外装や内装は、サイディングや壁紙などを単体で確認するよりも、全体との組み合わせで検討してもらう方がイメージが湧きやすいため、完成形に近い感覚で確認しながら商談を進めていくことができ、差別化をはかることができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ