運輸業倉庫・物流拠点

荷札や仕分けラベルのカラー化で視認性を高め、出荷ミスなどを防止し業務を効率化しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 荷札や仕分けのラベルの読み間違えで出荷ミスが発生しがち…
  • カラーのラベルを外注すると納期がかかる…
  • 照合リストの印刷のために、倉庫と事務所の行き来が必要…

CASE 1荷札や仕分けラベルをカラー化して視認性を高め、業務効率を向上させましょう

具体的な解決方法はこちらラベルをカラー化して視認性を高める

物流拠点から目的地別に仕分けを行う際、同形状のパッケージに貼られたラベルや荷札を正しく読み取らないと出荷ミスにつながります。モノクロ印刷の場合は文字を読み違えることがあります。
そこで、社内にカラーラベルプリンターを導入して、カラーラベルを内製印刷しましょう。例えば、赤は「大阪行」、青は「京都行」というように出荷先で色分けすることで、一目で違いが分かるようになります。一種類のラベルシートから異なる色のラベル印刷をしたり、文字以外に、二次元コードの印刷もできます。

このような効果が得られます荷札や仕分けのカラーラベルを内製化し、色や記号などの情報を付加して業務効率を向上させる

ラベルをカラー化することにより、視認性が高まり、仕分け、積み込み、荷下ろしなど、各段階での作業ミスを防止できます。出荷業務全体の効率化に加え、取引先からの信頼も向上します。
また、ラベルを外注すると納品まで時間もかかりますが、内製印刷することで必要な時にラベルが用意でき、外注品の在庫を抱えることもありません。さらに、カラーラベルに二次元コードを印字して携帯情報端末(ハンディターミナル)を併用することでリアルタイムの在庫管理が実現します。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2ピッキングリストはパソコンを使わず複合機から直接印刷して業務を効率化しましょう

具体的な解決方法はこちらリストを複合機から直接印刷する

倉庫からの荷物のピッキングや配送先への仕分けには、リストによる照合作業が必要です。作業の度に配送車ごとに割り当てられたリストを印刷する必要があります。
Webブラウザー対応の複合機を使うと、パソコンを使用することなく複合機から必要なリストを直接選んで印刷することができます。クラウド上のアプリケーションを、シンクライアント化した複合機からWebを介して操作する仕組みです。

このような効果が得られますピッキング作業に必要なリストを複合機から直接印刷することで業務を効率化する

シンクライアント対応の複合機を作業現場近くに設置することで、出荷業務の効率が向上します。出荷担当者は自分で複合機から出荷リストを印刷することができるので、倉庫内の移動も必要なく作業を進めることができます。また、別途パソコンを用意する必要もなく、費用対効果の面でも業務改善が実現できます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ