運輸業倉庫・物流拠点

複数の伝票を1枚に印刷し、照合業務の効率化と、紙の廃棄量を削減しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 出荷時に使用する伝票の量が多く、破棄する用紙も多い…
  • 一連の出荷業務の管理に複数の用紙があり、各工程での照合作業がたいへん…
  • 送り状に依頼主の書類を間違って封入する人為的ミスを防ぎたい…

CASE 1出荷作業に使用する複数の伝票を1枚の紙に印刷することで効率化を実現しましょう

具体的な解決方法はこちら複数の伝票を1枚の紙に印刷することにより、伝票を一体化する

物流倉庫における一連の出荷業務で使用する伝票は多岐にわたります。ピッキングリストや荷札ラベル、送り状、納品書など、出荷までの各工程でそれらの異なる伝票を照合・確認する作業はかなり煩雑です。
4種類の伝票と納品書を封入する封筒を表裏2層構造の一枚に集約した「伝票一体型ラベル」を導入しましょう。

このような効果が得られます用紙の廃棄量と作業工数を削減する

伝票一体型ラベルは一連の出荷業務を一枚の用紙で管理するため、各工程において複数の伝票を照合する必要はなくなり、作業工数を削減できます。
破棄する部分を極力減らした新開発の用紙を利用するため、出荷業務で使用する紙の量を削減可能です。また、送り状と異なるお客さまの納品書を封入してしまうなどの人為的ミスによる個人情報流出リスクを減らすことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ