事業継続/安全・安心災害を想定したデータ運用を検討したい

重要な紙文書を電子化することで、データのバックアップを行いましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 災害等で契約書や技術情報などの紙文書の破損、紛失を回避したい…
  • 紙の劣化による情報の消失を防ぎたい…

CASE 1重要な紙文書を電子化することで、データのバックアップを行いましょう

具体的な解決方法はこちら重要な紙文書を電子化する

企業には、財務・税務関係の帳票類や取締役会議事録など、商法や税法などで保管が義務づけられている文書があり、紙だけでなく、電子化されたデータでの保存も認められています。これらの文書は電子化して、災害時の消失や経年劣化などの対策をしましょう。電子化してバックアップすることで、紙と電子データの分散管理が可能となり、安全なデータ運用が可能となります。

このような効果が得られます万が一の時でも書類の安全を確保する

書類を電子化しておくことで、災害時に被害を受けても、データの復元が容易にできます。また、PDFなどの画像データにして文書管理システムやセキュリティーの確立されたクラウド環境に保管しておくことで、オフィスに出社できない場合でも自宅などからデータにアクセスし、業務を継続することが可能になります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ