事業継続/安全・安心災害を想定したデータ運用を検討したい

クラウドサービスを活用して、災害発生時でも安全な環境でデータを保管しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 仕事で使用するデータを、安全な場所に保管しておきたい…
  • データが消失したら、業務継続ができない…

CASE 1クラウドサービスを活用して、災害発生時でも安全な環境でデータを保管しましょう

具体的な解決方法はこちらクラウドサービスを活用する

いつ起こるか分からない地震や火災に備えて、仕事を継続できるような環境を整えるのは重要です。社内で日々生まれる大量のデータや古くからの紙資料などは災害発生時に即座に持ち出すことはできません。災害が起こる前に安全なクラウド環境にデータを保管しておくことで、災害時にもデータを消失することなく、業務を継続していくことができます。

このような効果が得られます災害時、自宅からでも業務の継続が可能

仕事で使うデータをクラウド環境に保管しておけば、災害時でもデータを確認することができます。社内のパソコンからだけでなく、インターネット環境があれば、自宅からデータにアクセス可能なので、会社に行けない状況でも業務を継続することが可能になります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ