事業継続/安全・安心災害を想定したデータ運用を検討したい

耐災害性に優れたデータセンターを利用し、データの安全を確保しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 大規模な地震などの災害に備えるために何をすればいいのかわからない…
  • もしもの災害の時、データセキュリティーが不安…

CASE 1耐災害性に優れたデータセンターを利用し、データの安全を確保しましょう

具体的な解決方法はこちら耐災害性に優れたデータセンターを利用する

データセンターの利用に際しては、地震や災害の時にオフィスから近く、大きな河川などがなく、いざというときに駆けつけられる立地や、津波や液状化の心配の少ない地盤であることが重要です。さらに建物に関しても、免震や制震対策が施され、堅牢であることや、電源のバックアップやネットワーク復旧対策なども選定基準です。また入口からラックまでのセキュリティー対策の確認も必要です。

このような効果が得られます災害の時でもデータを安全に保管し、すぐにでも事業を再開できる

震災などの災害時において、会社が保有する大切なデータが消滅してしまうことが、事業継続の一番のリスクです。通常の運用時の安全性だけでなく、万が一の際にも会社のデータを守ることができれば、災害時の早期復旧が可能になります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ