事業継続/安全・安心災害を想定したデータ運用を検討したい

災害時に備えて社外から会社の情報・データを利用できる環境を整えましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 万が一のときに出社できないと業務が止まってしまう…
  • 社外からのデータアクセスにセキュリティー上の不安がある…

CASE 1クラウドストレージを活用したIT環境を整え、業務を止めない体制を作りましょう

具体的な解決方法はこちらクラウドストレージを活用する

災害時などの万が一のときに社員が出社できない事態が発生してしまうと、業務が滞ってしまいます。そうした事態に備え、日頃からクラウド・ストレージを活用して業務に必要なデータを安全な場所に保管する環境を整えておくことが大切です。

クラウドストレージに日常業務で使うデータを保管しておけば、オフィスに被害が出た場合もデータの損傷を免れます。交通機関が麻痺して出社が難しい状況になってしまった場合でも、社外からクラウド上のデータにアクセスすることができます。

このような効果が得られます社外からも仕事ができ、災害時の事業継続力が高まる

クラウドストレージに業務に必要なデータを保管すれば、いち早く業務を再開することができます。また必要に応じて災害掲示板などの利用もでき、社員の安否確認も効率的に行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2外出先からでも社内のパソコンにアクセスできる環境を整えましょう

具体的な解決方法はこちら社外から自社のパソコンにアクセスできる仕組みを導入する

自宅や外出先から社内のパソコンに接続する仕組みがあります。災害時など、リモートアクセス機能を使えば、タブレットやモバイルパソコンから社内のパソコンにアクセスでき、メールの対応を行うなど業務を継続することができます。

このような効果が得られますリモートアクセスで、災害時の事業継続力を高める

どこからでも安全に業務に必要なデータを利用できる環境を整えることで、緊急・災害時の事業継続力が高まります。
また、社外から社内システムにアクセスできる環境は平常業務にも有効です。例えば、外出の多い担当者は、必要なときに外出先から社内システムにアクセスできるようになるため、業務時間を有効活用をすることができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ