顧客満足度向上お客さまにスピーディーに商品を提供する

試作品を内製化することで、製品開発期間を短縮しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 試作品を作る際、外注業者に発注するが時間もコストもかかる…
  • 何度も試作を繰り返したいのだが…

CASE 1試作品を内製化することで、製品開発期間を短縮しましょう

具体的な解決方法はこちら3Dプリンターを使って試作品を内製化する

3Dプリンターの普及によって、試作品やモックアップの製作が簡単になりました。光造形3Dプリンターは紫外線硬化型樹脂にレーザー光線を照射し、一層ずつ重ねる方式で、低製造コストで多様なマテリアルに対応。設計機構の確認やデザイン検証にて使用されます。樹脂粉末焼結型3Dプリンターは微細な粉末樹脂を原料としています。高い耐久性となめらかな仕上がりのため、宇宙産業や自動車・エレクトロニクスや医療器具などの試作に適しています。金属粉末焼結型3Dプリンターは微細な金属粉末を材料としていますので、義歯やインプラント、宝飾品などの試作に適しています。他にも石膏パウダーやプラスチックパウダーをマテリアルとするタイプもありますので、用途に合わせて選択ができます。

このような効果が得られます試作品の内製化で製品開発サイクルが短縮できる

外注業者に試作品を発注すると、スケジュールによっては最終納期が遅れるなどの影響が発生します。3Dプリンターを使用して内製化することで、開発から試作品提供までの時間を大幅に短縮することができます。あらかじめ金型を用意する必要もないため、調整や変更も手軽にできます。開発期間を短縮できるため、お客さまのニーズに合った製品を素早く提供することができ、顧客満足度が高まります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ