業務効率向上開発設計業務を効率的に行いたい

試作品製作プロセスを見直して、開発設計業務を効率化しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 金型製作に時間がかかる…
  • 試作品製作を効率化したい…
  • 試作品をさまざまな角度から検証したい…

CASE 13Dプリンターを活用し、開発期間を短縮しましょう

具体的な解決方法はこちら3Dプリンターで試作品を製作する

製品開発段階での試作品の製作にも、金型が必要となります。製品の開発では数多くの試行錯誤があるためそのたびに金型から成型し、試作品の製作をするのには、コストだけではなく時間がかかります。その場で必要な部分ごとに設計データから試作品を製作できる3Dプリンターを活用しましょう。試作品の大きさや種類によって、3Dプリンターの造型方式や造型時間、マテリアルの種類などで機種選択を行いましょう。

このような効果が得られます設計の変更にも柔軟に対応でき、開発期間を短縮できる

3Dプリンターによる立体出力では、3DCADや3DCGデータがあれば、試作品を短期間で製作することが可能です。そのため、試作段階での細かい要望に対しても金型製造者への説明や修正作業を効率化できます。設計通りの試作品を製作するまでの期間が短縮されるため、開発そのものに多くの時間を充てることができます。また、試作品を元にディスカッションが行われ、改善が必要となった部分についても、設計の修正が入れられた時点で、再度出力し、調整した部分を比較検討でき、製品の競争力を高めることが可能です。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2複合現実空間で試作品を迅速かつリアルに体感しましょう

具体的な解決方法はこちら複合現実技術を使い試作品をリアルに体感する

MR(Mixed Reality:複合現実)の技術を使って、ユーザーの位置や姿勢による影響や、環境への負荷といった、製品化されたときに重要となることを何度もシミュレーションを行うことで、試作品質を向上させることができます。MR技術とはコンピュータグラフィックのような3次元の仮想映像を現実のスペースや空間と組み合わせて体験することができる技術です。あたかもそこに製品があるようなバーチャル映像を体験できます。

このような効果が得られますデジタルモックアップで、製品開発設計業務を効率化する

現実のスペースにあたかもそこにあるかのように、仮想の情報を精密に重ねあわせ、仮想のモックアップ(デジタルモックアップ)を実寸感覚で体験できるので、試作品製作にかけていた時間を、さまざまなサンプルによるテストやディスカッションに充てることができます。
また、設計者だけでなく、デザイナー、テスターなど、多くの関係者で繰り返されるシミュレーションにより、さまざまな角度からの検討をすることができ、的確な判断や決定を行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ