業務効率向上ITシステムの管理業務を効率化したい

サーバーの仮想化で台数を集約し、管理負荷を軽減しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • さまざまな業務サーバーがあり、管理がとても煩雑だ…
  • 事業の拡大に伴いサーバーを増設したら、運用管理の手順が複雑になってきた…

CASE 1サーバーの仮想化で台数を集約し、管理負荷を軽減しましょう

具体的な解決方法はこちらサーバーの仮想化で台数を集約する

業務ごとにサーバーを用意した場合、事業の拡大によりサーバーが増え続けると、ハードウェア機器の初期費用をはじめ保守費用、電気代、設置スペースなどTCOが増大し、運用管理の手順も複雑化してしまいます。

サーバーの物理的増設をやめ、業務ごとに用意していたサーバーを統合し仮想サーバー上で業務システムを動かしましょう。仮想サーバーでは、異なるOSやアプリケーションを複数稼動させることができ、1台の物理サーバーで、複数の業務システムを動作させることが可能になります。

このような効果が得られますサーバー台数を集約し、管理負荷を軽減する

サーバーの仮想化技術を活用して、サーバーを効率的に使うことにより、業務システム毎に設置していた複数のサーバーを物理的に削減することができます。サーバーの台数を減らすことで、保守費用や設置場所を削減でき、管理負荷を軽減することができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ