環境対応省エネルギーなオフィス環境を整えたい

サーバーの台数を減らして電力消費を抑え、環境負荷を軽減しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • サーバー台数が多く、電力消費量が多い…
  • 業務の拡大につれてサーバー台数も増えている…

CASE 1仮想化技術でサーバーの台数を減らして電力消費を抑えましょう

具体的な解決方法はこちら仮想化技術でサーバーの台数を減らす

社内でスペースをとっている複数のサーバーがありませんか?数が多いと大量の電力を消費し、熱対策で管理負荷がかさむだけでなく、バックアップなどの運用も手間がかかります。

1台のサーバーで複数の異なったOSを作動させることを実現する仮想化技術を利用すれば、それまでは業務システムごとに設置していたサーバーを集約することができます。

このような効果が得られますサーバー台数を減らし、環境負荷を軽減する

サーバーの台数が減ることで、サーバーの電力消費だけでなく、サーバールームの空調設備や監視体制などで使われる電力の消費量も削減され、環境への負荷も軽減されます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2自社サーバーをデータセンターに移行し、電力消費を抑えましょう

具体的な解決方法はこちら自社サーバーをデータセンターに移行する

自社に設置してあるサーバーをデータセンターに移行することで、物理的なサーバーを保有することなく、システムを構築・運用することが可能です。サーバーを保有しないということは、自社内の電力消費の削減につながります。データセンターでは外気を利用したり、免震装置スペースの冷気を利用したり、自然採光を取り入れるなど、自然エネルギーを活用して消費電力を削減しています。

このような効果が得られますデータセンターに移行し、環境負荷を軽減する

サーバーをデータセンターに移行することで、サーバーの電力消費だけではなく、サーバー運用に関わる電源設備や空調設備の電力消費も削減することが可能になります。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ