環境対応環境に配慮したモノづくりをしたい

試作品の製作回数を見直して、環境負荷を軽減しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 試作品の廃棄を削減したい…
  • 不必要な試作品製作を見直したい…

CASE 13Dバーチャル技術を活用し、試作品製作回数を削減しましょう

具体的な解決方法はこちら現実とバーチャル技術を融合させたシステムを活用する

現実世界とCGを融合させる映像技術を用いれば、製品の3Dイメージを現実空間で体感することができます。コンピュータやプロジェクターの画面、図面等では難しかった完成イメージを、試作品を製作することなく簡単に確認・共有することが可能になります。仮想の試作を実寸感覚で体験でき、内部の構造やデザインについても詳細に共有、確認をすることができます。

このような効果が得られます試作回数を見直して、環境負荷を軽減する

製品のバーチャルイメージを3Dで現実空間に、実物大で表示できるので、実際に試作品を製作する際に発生するCO2や廃棄物を削減することが可能です。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 23次元CADを活用して、試作品製作回数を削減しましょう。

具体的な解決方法はこちら3次元CADを活用する

2次元の図面で設計を行っている際には、実際に試作品を製作しないと、完成形イメージの確認シミュレーションを行うことが出来ません。3次元CADを活用すれば、画面上で、確認やシミュレーションが行えるので試作品の製作回数を削減することが可能です。

このような効果が得られます試作品製作回数を見直して、環境負荷を軽減する

3次元CADを活用することで、試作品を製作しなくても視覚的にわかりやすく、部品の組み合わせ確認や強度の解析を行うことができます。
3次元モデルのバーチャルな事前検証で、手戻りをなくすだけではなく、部品点数の削減や環境負荷の少ない素材を検討することで、さらなる環境負荷の軽減が期待できます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ