情報セキュリティー対策情報漏えいを防ぎたい

ファクス送受信時の情報漏えいを防ぎましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • ファクスの送信先を間違えることがある…
  • 受信ファクスの放置による情報漏えいが心配だ…

CASE 1ファクス送信時に番号を二度打ちすることで、入力ミスによる誤送信を防ぎましょう

具体的な解決方法はこちらファクス送信時に番号を二度打ちする

ファクス番号を入力して送信ボタンを押した後、表示された番号を見て思わず冷や汗。そうした番号の押し間違えを防ぐには「確認入力」が有効です。
「確認入力」とは、複合機のタッチパネルで相手先のファクス番号を入力すると、二回目の番号入力が促される機能です。宛先間違いによる誤送信を手軽に防止することができます。

このような効果が得られます番号を二度打ちすることで、ファクスの誤送信を防ぐ

ファクスの誤送信に注意するよう直前の番号確認を促しても、利用者全員には徹底しきれないものです。ファクス本体が送信時に「確認入力」を求めるようになっていれば、誤送信を未然に防ぐことができます。従業員任せにしない情報セキュリティー対策の強化ができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2受信ファクスを電子化し、紙を放置しない仕組みを作りましょう

具体的な解決方法はこちら受信ファクスを電子化する

受信ファクスが気づかれぬままに放置されていることは、よく見受けられます。複合機であれば、ファクスだけでなくプリントやコピーを利用する人の目に触れる恐れもあります。
そこで、受信ファクスを電子化して、所定のストレージやクラウド上へ自動保存する仕組みを構築しましょう。部外者の目に触れる心配もなくなります。

このような効果が得られますアクセス制限によって情報漏えいを防ぐ

受信ファクスが電子化され、複合機への放置リスクがなくなれば、不注意による情報漏えいが防止できます。さらに、データの保管先にアクセス権のある利用者であれば、デスクにいながら、あるいは外出先からでも受信ファクスを確認できます。情報セキュリティーと可用性を高める取り組みを同時に行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

関連リンク

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ