情報セキュリティー対策情報漏えいを防ぎたい

紙で行っている業務を電子化して、情報漏えい対策をしましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 紙での申請業務を電子化したい…
  • 紙文書から情報が漏えいしないか不安だ…

CASE 1紙ベースの申請・承認をシステム化し、紙からの情報漏えいを防ぎましょう

具体的な解決方法はこちらワークフローシステムで、申請・承認プロセスを電子化する

全社プロジェクトなどの重要事項に関わる決裁をするには、関連資料を取りまとめて決裁者が順に目を通し、承認する必要があります。紙による稟議の場合、回覧途中で重要書類が関係者以外の目に触れることもあり、情報漏えいのリスクが高まります。
そこで、ワークフローシステムを構築して申請から承認までのプロセスを電子化し、参考資料を含め、紙を使わずに決裁ができる仕組みを導入しましょう。

このような効果が得られますペーパーレスで申請・承認を行い、紙からの情報漏えいリスクを軽減する

申請・承認業務を一元管理するワークフローシステムの導入は、必要なメンバーを選択して回覧ができるため、関係者以外に機密情報を知られてしまうリスクを軽減できます。また、システム化することにより申請状況を見える化でき、承認業務の効率化を図ることができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

CASE 2ファクスの送受信をペーパーレスで行う

具体的な解決方法はこちらファクスの送受信を電子化して紙からの情報漏えいを防ぐ

ファクスにまつわる情報漏えい対策は、ファクス送受信の電子化が有効です。
受信ファクスの電子化、転送先フォルダへ振り分け、ファイル保存までの一連の処理を、デジタル複合機とシステムを使って自動化することができます。
納期回答などの資料に対しての書き込みやファクス送信も、紙に出力することなくパソコン上から行うことができるようになります。

このような効果が得られますファクスの電子化で機密情報の漏えいリスクを軽減する

ファクスの送受信を電子化することで、受信したファクス文書や送信のためにプリントした文書の紛失や、情報漏えいのリスクを軽減することができます。さらに、自席や外出先などからでも受信ファクスを確認できるので、取引先からの問い合わせにも迅速に対応できます。

ファクス送受信の電子化により、情報漏えい対策と業務の効率化を同時に行うことができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ