情報セキュリティー対策情報漏えいを防ぎたい

留め置き印刷をすることで、紙文書からの情報漏えいを防ぎましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • プリンターのトレイに、個人情報が含まれた書類が放置されている…
  • 他の印刷物にまぎれて書類が紛失しがちである…

CASE 1留め置き印刷をすることで、紙文書からの情報漏えいを防ぎましょう

具体的な解決方法はこちら留め置き印刷の仕組みを構築する

プリントしたはずの書類が見当たらない。プリンターに書類が放置されていて処理に困る。そんな時には「留め置き印刷」が有効です。認証機能と組み合わせた運用ができるので、プリントをセキュアに管理できます。
「留め置き印刷」では、パソコンで“印刷”をしてもそのまま紙には出力せずに、一旦プリンターにデータを保存します。紙出力を行うには、ユーザー自身がプリンター本体で認証を行い、ディスプレイに表示された自分の印刷ジョブから当該文書を選んで出力する仕組みです。

このような効果が得られます放置プリントを抑制し、紙文書からの情報漏えいを防ぐ

「留め置き印刷」をすることで、紙文書からの情報漏えいリスクを軽減できます。特に機密性の高い書類を印刷する場合、自分がプリンターの前で出力指示をすることで、人目に触れずに持ち帰ることができます。間違えて他人の書類を持っていったり、出力したことを忘れて書類を放置してしまう心配はありません。

「留め置き印刷」は、技術情報、個人情報、人事情報などさまざまな情報の漏えいを未然に防ぐための有効な対策です。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

関連リンク

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ