情報セキュリティー対策情報漏えいを防ぎたい

メール誤送信対策、フィルタリングを行い、情報漏えいを防ぎましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 機密情報が含まれたメールの宛先を間違えてしまった…
  • パスワードをかけずに添付ファイルを送っている社員がいる…
  • 標的型攻撃の疑いのあるメールを検知したい…

CASE 1メール誤送信対策、フィルタリングを行い、情報漏えいを防ぎましょう

具体的な解決方法はこちらメール誤送信対策、フィルタリングを行う

社員が受信したメールの添付ファイルにウイルスが付与されていないか、メールの誤送信で機密情報が漏えいしていないか、パスワード設定がおろそかになり誰でも覗ける状態でファイルを送信していないか……。メールのやりとりではさまざまな情報漏えいのリスクがついて回ります。そこで、メールセキュリティーソフトウエアを導入し、情報漏えい対策を実施しましょう。誤送信、情報漏えいに繋がるファイルの添付や標的型攻撃メールを強固にブロックします。

このような効果が得られますメールセキュリティーソフトウェアの導入で、情報漏えいを軽減する

メールセキュリティーソフトウエアを導入すれば、誤送信対策、添付ファイルの自動暗号化で、ファイルの情報漏えいリスクを軽減できます。
誤送信対策では、上司による送信内容チェックや、個人情報と思われる内容が含まれているメールを保留・削除できるようになります。
添付ファイルの暗号化機能では、外部へ送信する添付ファイルが付加されていたときに、自動的にひとつのパスワード付きZIPファイルに変換します。
また、標的型攻撃の疑いがあるメールを判定し、警告を出すことも可能です。
充実のメール誤送信対策機能と柔軟なフィルタリング機能で、メールセキュリティーを強化できます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ