製品/サービスの強化開発・設計の競争力を高めたい

3Dプリンターを導入し、製品開発プロセスを見直しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 部品やパーツなどの試作品製作のたびに外注コストがかかっている…
  • 試作品が納品されるまで次の工程に進めない…
  • 各種パーツを組み合わせて確認を行い細かく調整したい…

CASE 13Dプリンターを導入し、製品開発プロセスを見直しましょう

具体的な解決方法はこちら3Dプリンターを導入し、試作品を内製する

3次元CADソフトウエアによって生成された3次元データを元に、3Dプリンターを利用して試作品や金型を社内で製作しましょう。3次元データを元に立体モデルの出力が行われるため、その場ですぐに試作品を確認できるようになり、外注を待つ時間を短縮できます。3Dプリンターは、樹脂や石膏・金属など対応素材ごとに機種が変わります。また、出力時間や造型の精度なども機種選定のポイントです。小型のものから大型のものまで選択肢が広がっています。

このような効果が得られます試作を内製化し、製品開発プロセスを見直す

3Dプリンターを導入することで、必要な場面で出力を行うことができるので、開発チームやデザイナー、営業部門などと検討を重ね、製品力の向上につなげることができます。試作品や金型製作は外注において時間がかかるものでしたが、内製化で時間の短縮を図ることができます。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ