製品/サービスの強化開発・設計の競争力を高めたい

バーチャル技術を活用することで、設計・開発プロセスを見直しましょう

こんなことでお困りではありませんか?

  • 部分変更のたびに試作品を製作するのは時間とコストがかかってしまう…
  • 製品バリエーションの数だけ試作品を製作するのでコストがかさむ…
  • 試作品完成まで、製品のイメージが確認できない…

CASE 1バーチャル技術を活用することで、設計・開発プロセスを見直しましょう

具体的な解決方法はこちらバーチャルとリアルを組み合わせた映像技術を活用する

コンピュータグラフィックなどのCG映像などのバーチャル映像と、現実を組み合わせて視認ができる先端技術があります。これをMixed Reality:複合現実と呼んでいます。
Mixed Reality技術を活用すれば、試作品を製作することなく、外観、形状などを実寸大で確認することが出来ます。現実的にはモックアップが製作できない大きなものや、部品などの小さなものまで映像で確認することができます。参加者全員でデジタルモックを共有することで、その場で意見交換をおこなうことができます。外観や形状の変更が生じても、すぐに映像で確認ができるため、変更内容を反映した試作品を何度も作る必要がなくなります。

このような効果が得られますMR技術の活用で、試作品の製作回数を減らす

試作品の製作回数を減らすことで、試作コストの削減が実現できます。特にディスプレイ上では表現が難しいインテリアデザイン、実物大の試作品をつくることが困難な大型機械やプラント装置などで効果を発揮します。また、試作品製作期間に費やしていた日数も減らすことができるので、設計開発期間の短縮ができ、人件費削減にも寄与します。設計期間短縮と人件費削減によって、競争力アップをはかりましょう。

この商品・サービスがお客さまの課題を解決します

メールでのお問い合せ

メールでのお問い合せ

こちらのページについてお問い合せを受け付けております。
ご意見・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

ご購入前の相談はこちら

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ