キヤノングローバルビジネスフォーラム2017のご案内

Global Business Forum 2017 2017年9月13日(水) セミナー 13時30分~17時(受付/展示 12時30分~17時30分まで)キヤノンマーケティングジャパン Canon S Tower ホール S 定員:200名 ※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。お早めにお申し込みください。

成功する海外進出と、そのパートナー選び

アジアはもちろんアメリカやヨーロッパなど、世界は今、大きく揺れ動いています。その中で、顕在化するリスクを回避しつつ、ビジネスチャンスを掴むためには視野の広い海外戦略が求められます。第5回を迎えるキヤノングローバルビジネスフォーラムでは、激動する時代を勝ち抜く5つの視点からのビジネスヒントをご案内します。是非この機会にご参加ください。

グローバル戦略に役立つ5つの視点 1.今なぜアジアなのかを分析! 2.海外進出の支援策をご提案! 3.現地取引先の適切な見極め方 4.GDPRによる経営リスクと対処法 5.グローバルなドキュメントソリューション

グローバルビジネスフォーラムセミナー

開会 13:30~
ごあいさつ
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
ビジネスソリューションカンパニー コーポレートシステム企画本部
本部長 豊永 毅
第一部講演 13:35~14:25
いまなぜアジアなのか?グローバル展開の主戦場

これまで日本企業にとってのアジアは低コスト生産基地、輸出基地の立地場所として選好されてきました。一方で東南アジアをはじめとするアジア諸国は高い成長を持続し、今では内需も拡大して販売先市場としての魅力も高まってきています。日本企業を巡るアジアのビジネス環境を概観します。

専修大学 商学部 准教授
元ジェトロ海外調査部アジア大洋州課長 博士(経済学)
池部 亮
第二部講演 14:25~14:55
キヤノンマーケティングジャパンの提供する海外進出支援策のご紹介

キヤノンマーケティングジャパンがお客さまにご提供するのは、キヤノン製品だけではありません。お客さまのグローバリゼーションを成功に導く、キヤノングループの海外支援体制や、進出支援スキーム「グローバルケアオプション」について実例と共にご紹介します。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
グローバルサービス推進部
部長 松本 徹
第三部講演 15:10~15:50
海外進出において考慮すべき現地取引先の見極め方

海外進出を成功させるには、現地の市場性や商習慣だけでなく取引先やパートナーに関する正確な情報の把握が重要です。
本講では、世界最大2億7千万件超の企業データベースを活用し、効果的に海外進出を行うためのターゲティング手法や実践的な現地取引先のリスク管理および海外取引において押さえておくべきコンプライアンス対策に関してご説明いたします。

株式会社東京商工リサーチ
マーケティング部
部長 弓削 正範
第四部講演 15:50~16:30
GDPR(EU一般データ保護規則)がもたらす経営リスクと対処法

2018年5月25日に施行が迫ったGDPR。欧州でビジネスを行う企業は、違反時に莫大な制裁金が課されることから今や重要な経営課題となっています。本講演では、GDPRのリスクを解説するとともに、出来るだけコストを抑えて対応を進めるために外部コンサルタントを使わずに自社で対応を進めていく方策をご紹介いたします。

株式会社インターネットイニシアティブ
経営企画本部 ビジネスリスクコンサルティング部長 プリンシパルコンサルタント
小川 晋平
第五部講演 16:30~17:00
グローバルドキュメントソリューションのご紹介

企業が海外の多拠点で事業展開する場合、複合機をはじめとする入出力機器は現地で個別調達されることが多いですが、情報セキュリティ対策やコスト管理はどうされていますか?全世界8,000社で利用されているキヤノンのグローバルソリューション「uniFLOW」を題材に、ベストプラクティスをご紹介します。

  • ホワイエにて実機展示
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
コーポレートMFP企画部 ドキュメントマネジメント企画課
課長 小森 祐介

詳細は第5回 キヤノングローバルビジネスフフォーラムのご案内(PDF) [1.19MB] PDFをご覧ください。

ご来場は事前登録が必要です。下記からお申し込みください。

お申し込み

入力フォームよりお申し込みを受け付けております。

戻る
このページのトップへ