「ビジネスに役立つ情報をお届けします」

特集

白書から読み解く中小企業のIT ~現状と課題 ②

ITを推進したい中小企業の強力な味方は「クラウド」

急激に利用が拡大するクラウド・コンピューティング。中小企業でも年々利用が増加

中小企業のIT活用の現状を調査し、今後のありかたを検討した中小企業白書2016年版。そのなかで、情報サービスの新しい潮流として取り上げられているのが「クラウド・コンピューティング」です。

アプリケーションの利用やデータの保管に関して、インターネットを介し外部の事業者のシステムを利用することで、自前のハードウェアやソフトウェアを持たずに常に最新のシステムを利用できるのがクラウド・コンピューティングの特長です。

その利用状況をみると、この数年で飛躍的に利用割合が高まっていることがわかります。

規模別に見たクラウド・コンピューティングの利用状況の推移

中小企業は大企業に比べ、その利用割合はまだ低いものの、やはり利用率は年々高まっています。

クラウドの最大のメリットはスピーディーさ。続いてコストが節約できること。

クラウド・コンピューティング利用のメリットはなんでしょうか。大企業も中小企業も、メリットは「導入までの期間が短い」ことを一番の理由にあげています。自社でハードウェアやソフトウェアを揃える必要がなく、申し込むだけで利用開始できるクラウドのサービスなら、たしかにスピーディーです。加えて、システムやソフトウェアが常に最新の状態に更新されるというメリットもあります。

規模別に見たクラウド・コンピューティングのメリット

そしてコスト。時間の問題に加え、初期コスト・運用コストともに「安い」ということを、大企業・中小企業ともメリットにあげています。さらに人材とセキュリティの問題です。「技術的な専門知識がなくても導入できるから」「信頼性・安全性が高いから」と回答する傾向は、特に中小企業において顕著です。

情報共有、リスク対応、合理化、コスト削減etc.
企業活動上に多様な効果をもたらすクラウド。

では、実際にこれまでクラウド・コンピューティングを利用したことのある企業には、どのような効果があったのでしょうか。

クラウド・コンピューティングによる効果

調査で最も多かったのは「社内の情報活用の活発化」。これはクラウドのストレージ機能で情報を共有し活用した結果だと推定できます。そして2番目が「リスク対応・セキュリティ対策」。情報へのアクセスが、セキュリティの完備したクラウド上のストレージ機能に一元化されることや、常に最新のソフトウェアに更新されることでセキュリティ対策が保たれることなど、いろいろな内容が考えられます。続いて「業務プロセス合理化・意思決定の迅速化」、「コスト削減」「営業力・販売力の強化」など。企業活動の根幹にかかわるさまざまなプラス効果を、クラウド・コンピューティングが生みだしているようです。

大規模な初期投資と長い準備期間、そして専門の人材が必要だった従来型のITに比べ、短期間・低コストそして扱いが容易なクラウド・コンピューティング。大企業のような体力のない中小企業にこそ向いているサービスであり、IT推進の切り札的な存在であるといえるのではないでしょうか。

スピーディーに、手軽に導入してこそ意義のあるクラウド・コンピューティング。キヤノンは、IT支援サービス「HOME」のなかで、専門的なご担当者がいない中小オフィスでも手軽に導入できるクラウド・コンピューティングのサービスをご提供しています。

キヤノンのIT支援サービスHOMEでは、データを保管・共有する「クラウドストレージサービス」と、ソフトウェアのクラウドサービス「Office365」のご利用をサポートする「オフィススイートサービス」をご用意しています。

業務効率化、お取引先から求められるセキュリティ強化、他社との差別化、そして売上と利益の向上。こうした中小企業の課題を解決するために開発されたのがキヤノンのIT支援サービスがHOMEです。

そのサービスのひとつ「クラウドストレージサービス」は、クラウド上で電子データを共有・保管するためのストレージです。スキャンした紙文書や受信したファクス文書を電子化し、クラウド上に安全に格納。外出先でスマートデバイスなどからデータを閲覧することが可能となり、お客さまのワークスタイルの変革と業務効率化を実現します。

また「オフィススイートサービス」は、WordやExcelなど最新版のOfficeアプリケーションを月額料金で利用できるOffice 365 Businessの、ご利用に必要なユーザーの管理やライセンスの紐付け、パスワードポリシーや多要素認証などの設定をお客さまに代わってすべてHOMEコンタクトセンターでおこなうとともに、Officeの機能や操作に関するお問い合せにお答えする専用コールセンターもご用意して、中小企業の皆さまをサポートしています。

中小企業白書2016年版は、クラウド・コンピューティングは、様々な業務分野で利用されることにより、中小企業の「稼ぐ力」を強化していくことが期待される、と結んでいます。キヤノンのHOMEにラインナップされたクラウド・コンピューティングのサービスが、稼ぐ力の向上を、強力に支援します。

電話での問い合わせ

HOME導入に関するご相談は、お気軽にご連絡ください。キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HOMEコンタクトセンター 電話番号 03-6631-1136 受付時間平日9時から18時 ※土日祝日、年末年始弊社休業日は休ませていただきます。

導入に関するご相談・お問い合せ

メールでのお問い合せ

HOME導入に関するご相談、価格に関するご相談や見積もり依頼など、お気軽にお問い合せください。

関連コラム

人手不足解決の切り札はIT推進、しかしそこでも人材不足の壁が。

関連情報

  • 迷惑メールを防ぎたい 安全にデータを送りたい さまざまお悩みを解決!中小オフィス向けIT支援サービスのご紹介ネットワークセキュリティやクラウドストレージなど、HOMEはオフィスのITを支援します。
  • HOME体験版“無料”申し込み 使って納得!まずは体験版をお試しください。体験版の申し込みはこちらから!

ビジネストレンド一覧

お客さまの企業価値向上のために、業務のさまざまな課題やニーズに応え、新たな価値を共に創り出すことのできるビジネス・パートナーを目指しています。

このページのトップへ