デベロッパーサポートプログラム開発キットのご提供

キヤノン製複合機・プリンター・スキャナーの各種ドライバーSDKや、アプリケーション開発キットをはじめ、サンプルプログラムやプリンター制御コマンドLIPSマニュアルをご提供致します。

プリント

LIPS IV Printer Driver SDK Lite

プリンタードライバーの各種設定を、直接、ユーザアプリケーションから行うためのSDK。プリンタードライバーの設定画面を開くことなく直接ユーザーアプリケーションから定めた設定で出力することができます。 本SDKは、複雑な印刷業務を簡単にご利用いただけるソリューションを提供致します。また、本SDKをご利用いただくことにより、取得が困難だった情報を簡単に取得可能になるため、より実情に即した印刷アプリケーションを構築していただくことが可能になります。

LIPS IVプログラマーズマニュアル

プリンター制御コマンドLIPSのプログラマーズマニュアル。LIPS IVのプログラマーズマニュアルは、LIPS対応のプリンタードライバーやデータなどを作成される方々を対象としています。

開発ツール ツール価格 サポート期間(※)
LIPS IV Printer Driver SDK Lite 無償 6ヶ月
LIPS IVプログラマーズマニュアル 無償 6ヶ月
  • 技術的なご質問につきましては、「開発サポートサービス」にご登録頂いたご本人様からのみ受け付けます。
    (技術的なご質問を希望される方は、開発サポートサービスにご登録をお願いします。)

ファクス

LIPS IV / Raster Fax Driver SDK

ファクスドライバの各種設定を、直接ユーザーアプリケーションから行うためのSDK。LIPS IVファクスドライバー独自の各種設定項目を直接参照/変更し、ユーザーアプリケーションが意図した設定値でファクスを実行する事や、LIPS IVファクスドライバー独自のアドレスブックにアクセスし、アドレス帳の編集ができます。

開発ツール ツール価格 サポート期間(※)
Raster Fax Driver SDK 無償 6ヶ月
  • 技術的なご質問につきましては、「開発サポートサービス」にご登録頂いたご本人様からのみ受け付けます。
    (技術的なご質問を希望される方は、開発サポートサービスにご登録をお願いします。)

MEAP ADVANCE

MEAP ADVANCE SDK

キヤノン製複合機に搭載したMEAPプラットフォーム上で稼働する「組み込みアプリケーション」および「Webサーバー上のアプリケーション」を開発するためのSDK。頻繁に使用されるハードウエア制御関連のサンプルコードなどが収録されており、開発に必要なドキュメントや複雑なコーディングに工数をとることなく、開発を効率的に行うことが可能になります。スキャン、プリント、送信はもとより、表示パネルへの表示、USBメモリー内PDF文書のプリントなど、複合機の機能を制御・活用することができます。また、複合機のUSBやNetworkで接続する周辺機器の制御を直接行うことや、外部サーバーに対してアクセスすることで複合機単体では提供できない機能を実現することができます。機能が異なるMEAPアプリケーションをインストールすることにより、複合機が待つ機能をさらに拡げることが可能になります。 MEAPプラットフォームは標準インターフェースにJavaを採用し、組み込み機器向けのJava実行環境であるJava SEを搭載しています。

開発ツール ツール価格 サポート期間
MEAP ADVANCE SDK 240,000 円(税別) 1年間
  • 「MEAP ADVANCE SDK」 購入時に、1年間の開発サポートサービスが付きます。

スキャン

Capture Perfect SDK

Capture Perfect SDKは、CanonのドキュメントスキャナーDRシリーズでのシステム開発を短期間・低コスト、かつフレキシブルに実現する開発ツールです。Capture Perfect SDK はCanonのDRシリーズスキャナーに標準添付されている Capture Perfect をベースにしています。Capture Perfect SDKにおいてはDRスキャナーのさまざまな機能、複雑なスキャナーの制御は同梱ソフトウエアCapture Perfectが担います。システム開発者は、Capture Perfect SDK仕様書に基づき、簡素化されたコマンドによって簡単にインターフェースを構築することができます。 また、Capture Perfect においてはDRスキャナーのほとんどすべての機能がサポートされているのでDRスキャナー機種毎の対応も必要ありません。それに加えDRスキャナーの機能だけではなく、Capture Perfectの機能も上位アプリケーションよりコントロールする事が可能となります。
これらにより、いままで問題であった時間、コストなどの負荷を大幅に削減でき、各DRスキャナーの機種の違いを意識せず、個別案件へのフレキシブルな対応が可能となります。

スキャナードライバーインターフェースマニュアル

TWAINドライバーのCapability情報およびISISドライバーのISIS TAG情報を説明したドキュメントおよびヘッダファイルです。ユーザーアプリケーションから、対応するドキュメントスキャナーDRシリーズをUI非表示でご使用いただけます。

開発ツール ツール価格 サポート期間
Capture Perfect SDK 64,800 円(税別) 3ヶ月間
スキャナードライバーインターフェースマニュアル 無償 6ヶ月間
  •  「Capture Perfect SDK」購入時に、3ヶ月間の開発サポートサービスが付きます。
  •  「Capture Perfect SDK」の3ヶ月間の無償開発サポート期間終了後は、CapturePerfect SDK 3ヶ月有償開発サポートサービスをお申込みください。(29,800円+税)

「Capture Perfect SDK」に関するお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 デベロッパーサポート事務局

「Capture Perfect SDK」の仕様に関する入会前のご相談を承ります。
ご不明点・ご要望についてお気軽にご相談ください。

機器管理

CPCA※ 1 V2印刷用ドキュメント

キヤノンのオフィス機器の統一制御コマンド群であるCPCAの印刷制御部分に関する情報※ 2
本ドキュメントでは、キヤノンのオフィス機器の統一制御コマンド群であるCPCA V2 (Common Peripheral Controlling Architecture)の印刷制御部分に関する情報を記述しております。 本ドキュメントを使用することにより、印刷ジョブに対し、給紙カセット指定や排紙オプションの機能などを設定できます。

  • ※ 1  CPCA:Common Peripheral Controlling Architecture
  • ※ 2  一部情報の提供には、機密保持契約が必要となります。

MIBドキュメント

標準MIB及びキヤノンPrivate MIB の実装情報に関するドキュメント※ 2
本ドキュメントでは、キヤノン製プリントデバイスが実装しているRFC1213(MIB II)、RFC1514(HostResouse MIB)、RFC1759(Printer MIB)の標準MIBの情報が記述されています。 ネットワーク管理プロトコルSNMPによって、プリンターデバイスの情報(例:排紙段の残容量、機器に対する名称付け、機器に対する管理者情報付加、IPアドレスの変更、詳細なデバイス状態の取得、詳細なエラー情報の取得)を取得することが可能となります。 定義、型については、RFCを参照してください。

開発ツール ツール価格 サポート期間(※)
CPCA/CPCA V2ドキュメント 無償 6ヶ月
MIB※ 1 無償 6ヶ月

開発キットに関するお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 デベロッパーサポート事務局

その他開発キットの仕様に関する入会前のご相談を承ります。
ご不明点・ご要望についてお気軽にご相談ください。

  • こちらでは技術的なご質問はお受けできません。技術的なご質問を希望される方は、デベロッパープログラムご入会後、開発サポートサービスにご登録の上、会員サイトよりお問い合せをお願いします。
このページのトップへ