ECM拡張サービス|概要

  • 概要
  • 関連製品

キヤノンマーケティングジャパンのECMソリューション Enterprise Content Management クラウド時代のECMソリューション〜SOA対応「ECM拡張サービス」

クラウド時代のECMソリューション

図:ECMソリューションおよびシステム全体像
ECMソリューションおよびシステム全体像

キヤノンマーケティングジャパンは、これまでのECM導入実績に基づく経験と最新のWeb技術を取り入れ、業務アプリケーション構築の為にコンテンツ管理視点で最適化された「ECM拡張サービス」をご提供いたします。

「ECM拡張サービス」では、グローバル対応はもちろんのこと、国内ユーザの使い勝手を考慮したシンプルな粒度設計と柔軟性を兼ね備えたアーキテクチャーにより、現在から将来にわたるさまざまな課題に対応するための経営基盤として、セキュアなコンテンツ管理基盤構築とビジネスプロセス全体の最適化を支援します。

また、クラウド時代を迎え、インターネットデータセンターに配置されるECM拡張サービス基盤とクラウド上のサービス間で構成する業務アプリケーションの構築や、オンプレミスにおける業務アプリケーション構築(SOA)においても開発の効率化およびコスト削減を実現します。

  • 本来ECM製品にはない独自の機能サービスのほか、サービス粒度、エラー処理、性能のほか、ユーザビリティを最大限考慮したインターフェース(JAX-WS準拠)を実装しています。

対象となるECM製品はオープンテキスト社製「Open Text Content Lifecycle Management」 別ウィンドウが開きます外部サイトが開きますになります。

ECM拡張サービス

図:ECM拡張サービス

「ECM拡張サービス」は、下記サービスに分類され、合計70余りのサービスで構成されています。

  • オブジェクトサービス(45サービス)
    ドキュメントやフォルダに関する一連の機能(登録、取得、削除、コピー、移動など)や検索、その他機能(関連付け、業務属性の検索キーへの反映、一覧取得など)が含まれます。
  • ワークフローサービス(21サービス)
    ワークフロー利用に関する一連の機能(申請、判断、改訂処理、第三者閲覧など)が含まれます。
  • 認証サービス(3サービス)
    ログインなど、ユーザ認証に関するサービスです。
  • メンバサービス(2サービス)
    ユーザ、グループの情報取得に関するサービスです。
  • バッチサービス(5サービス)
    オブジェクトのコピー、移動、削除や通知など一括処理に関するサービスです。

ECM拡張サービスメリット

図:ECM拡張サービスメリット

キヤノンマーケティングジャパングループのECM関連ソリューション

キヤノンマーケティングジャパングループでは、「ECM拡張サービス」の提供をはじめとし、お客様の課題解決の為のさまざまなECM製品/ECM関連ソリューションを取り扱っています。

キヤノンマーケティングジャパングループ取り扱いECM製品


ECMソリューション

  • お問い合せ
このページのトップへ