導入のプロセス

キヤノングローバルサービスは、業界基準であるITIL※に基づいたカスタムメイドソリューションを
コンサルティング、設計、実施して柔軟で透明性の高いマネージドドキュメントサービスを提供します。
キヤノングローバルサービスの5つのフェーズをご紹介します。
※ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめた、公開されたフレームワーク

フェーズ1:
現状分析

お客さまの要件を理解するためにマネージドドキュメントサービス評価を実施。 評価プロセスでは、お客さまの現在のプリントフリートや印刷行動を査定、プロジェクト要件を把握し、現状でのTCOを判定します。

フェーズ2:
設計

評価結果をもとに、変化するニーズを満たし、それとともに進化するプリントおよびドキュメントソリューションを策定します。 キヤノンはお客さまと協力して費用対効果を明らかにし、サービスソリューションを提供、そして確実なコスト削減をご提案します。

フェーズ3:
導入と移行

お客さまの組織とエンドユーザーの両方をサポートするための明確な手法、トレーニング、コミュニケーションにより、新たなマネージドソリューションへスムーズかつ確実に移行させるためのプログラムを実施します。

フェーズ4:
サポートと管理

お客さまの入出力機器とドキュメントワークフローが長期にわたって最適なパフォーマンスを発揮できるようにし、お約束したKPIやSLAを達成することに全力を尽くします。

フェーズ5:
評価とレビュー

入手したサービス情報、パフォーマンス情報により継続的な改善を行い、お客さまの進化するニーズをサポートします。

GLOBAL SERVICES