キヤノンマネージドドキュメントサービス導入事例三菱ふそうトラック・バス株式会社(1/3)

「プリントインフラの統合は、今のベネフィットだけではなく将来にわたって良い投資になる。」 ITインフラ部クライアントマネジメントチームマネージャー ウーヴェ・シュワルツ様(右)、スペシャリスト 長谷川 隆様(左)

三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下、三菱ふそう)様は2005年に発表した中期経営方針に基づき国内の販売・サービス体制の再構築や、より効率的なITインフラの整備を進められていました。その中でキヤノンの複合機「imageRUNNER」とドキュメント入出力環境を最適化し包括的に管理・運用するキヤノンマネージドドキュメントサービス「onBIZZ」を活用し、全国約200拠点・出力機器数約1,000台・10,000人以上のユーザーが利用するプリンティングシステム「OptiPrint」が2008年に始動しました。

onBIZZサービス導入から3年以上が経過した「OptiPrint」の運用管理を担当されているITインフラ部クライアントマネジメントチームのマネージャーのウーヴェ・シュワルツ様とスペシャリストの長谷川 隆様に「OptiPrint」についてお話しを伺いました。導入当時の課題にどのように取り組まれてきたのか、また現在の取り組みについてお話しを伺うことができました。

社内プリント環境の改善への取り組み

ウーヴェ・シュワルツ様

ITインフラ部はメインフレームやネットワーク、クライアントPC、電話などの運用管理を担当しています。その中にあるクライアントマネジメントチームは本社・工場・セールスセンター(国内販売拠点)のクライアントPCのハード面のサポートとソフトウエアのマネジメントを行っています。
「OptiPrint」は社内プリント環境を最適化(optimize)することを目的に導入したプリンティングソリューションでeコラボレーション(メールシステム)と並びクライアントマネジメントチームの中でも重要なシステムの1つになっています。

「OptiPrint」導入前の社内プリント環境は本社・工場部門だけでも出力機器(複合機/プリンター/ファクス)が約650台(約150モデル)稼働しており、消耗品の種類も多く、在庫管理と置き場の確保が必要になるなど管理業務もとても煩雑になっていました。また、印刷物の取り忘れによる情報漏えいのリスクなど出力機器のセキュリティー対策も必要でした。そこで全社的なITインフラの再構築に合わせて社内プリント環境の最適化に取り組みました。優先すべき課題としては、(1)TCOの削減、(2)利用状況の透明性の確保、(3)セキュリティーの向上の3つでした。

このページのトップへ