もっともっと「発信」しよう。

日本の新しい写真館

茨城県水戸市 小貫写真館

発信するツールとしての七五三ファッションショー。

小貫写真館では「七五三ファッションショー」を開催しているが、これもイベントというより、対外的にアピールしていくためのツールとして位置づけている。
「七五三ファッションショーを行うことで、売上が極端に伸びたかというと、そうではないと思います。今、七五三の対象となる子供が減っていくなかで、競合となる子供写真館は増えているじゃないですか。だからこそ、うちはこんなことをやっているんですよと訴求することが大事なんです。モデルになってくれた子供たちが舞台で歩くのを見て、当然お父さんお母さんは喜んでくれる。そこから広がっていく口コミ効果は大きいと思うんです」
毎回30名ぐらいのモデルを募集するが、それ以上の応募があるためオーディションを行っているそうだ。
「オーディションに来てくれる子供たちは、みんないい子ばかりなんでね。落とすのがかわいそうになっちゃうんですよ」

このページのトップへ