もっともっと「発信」しよう。

日本の新しい写真館

茨城県水戸市 小貫写真館

知らせることが、市場の開拓につながる。

情報発信は、さまざまなメディアを複合的に活用しながら、実にきめ細かく行われている。ホームページでは来店促進につながるキャンペーン情報に加え、七五三ファッションショーや成人式前撮りのムービーも公開され、撮影時の雰囲気がつかめるようになっている。さらに、家族写真、七五三、成人式、マタニティとテーマ別の情報誌を定期的に発行し、最新の作品を紹介している。こうした活動を、水戸エリアでは小貫写真館だけでなく、競合店も同じように実施しているという。

「水戸は、写真館業界の中でも一番の激戦区と言われているんですね。ライバル店が競い合い、切磋琢磨することで、水戸という市場を開拓してきたわけです。昔チラシがいっぱい入っていた時期は、毎週のようにどこかのチラシが入ってくる。そうすると、例えば七五三の前撮りもせいぜい10月とか9月だったのが、8月なり、7月になり、今は5月から忙しいわけです」写真館への興味を喚起するとともに、実際に来ていただいたお客さまに高い満足を提供できるよう技術力や人間力を磨くことが、マーケットの拡大につながっているのだ。

このページのトップへ