その一瞬のために、最良の道具を。

日本の新しい写真館

埼玉県春日部市 フォトスタジオ・リッツ

高性能が使いやすい。それがEOS 5D Mark Ⅱの良さ。

お客さまと一緒に遊ぶような感覚で撮影したい。その言葉通り、林氏は、EOS 5D Mark Ⅱを手に、自分自身も楽しそうに撮っていく。
「僕はカメラは、ずっとキヤノンなんです。EOS 5D Mark Ⅱの気に入っているところは操作性の良さですね。画質や描写力などカメラとしてのパフォーマンスもすごいと思うのですが、それをストレスなく引き出せるというのがいい。やっぱり、しっくり手に馴染む、使いやすい道具がいちばんですね」
EFレンズの多彩さにも満足しているそうだ。
「メインで使っているのが50mm F1.2Lの単焦点レンズ。あとは16-35mm F2.8Lのワイドのレンズ、85mm F1.2L、ズームレンズの24-105mm F4L ISですね。
本店にいた時は全天候型のオープンスタジオだったので、70-200mm F2.8L ISのズームレンズも多用していました」

このページのトップへ